皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

パートナー(妻、夫)の衝動買い癖を直すには?大切な2つのポイント

「パートナー(妻や夫、恋人など)の衝動買いがひどい」

あなたは、このように悩んでいませんか?

 

必要もないのに、勢いだけで買った物って、たいして使わないんですよね。

で、使いもしない物で、家があふれてしまう(泣)

 

パートナーの衝動買いを直すには、「あなたが見本になる」&「話し合い」がポイントです。

詳しくお伝えしますね。

パートナー(妻・夫)の衝動買い癖を直す方法は、自分が見本になる

街をぶらぶらしていたら、かわいい服を発見しました。

服はたくさん持っているから困っていないけど、「欲しい」気持ちが止まらない。

勢いに任せて、服を買ってしまいました。

 

このように、衝動買いをしてしまうことって、誰でも1度くらいはありますよね。

私ももちろんあります(笑)

 

自分が衝動買いの癖があるなら、自分の努力して直すことも可能です。

 

でも、パートナー(妻や夫、恋人など)の衝動買いの癖を直すのは、すっごく難しいですよね。

他人を変えるのは、生半可なことではなですもんね。

 

では、パートナーの衝動買いの癖を直すには、どうすればいいのかというと、

自分が見本になる

です。

 

パートナーに口うるさく言うのでも、注意するのでもなく、自分の物だけを淡々と捨てて、ミニマリズムを実践するんです。

ミニマリストの生活をしていると、パートナーもミニマリズムに目覚める

こちらの記事でお話ししましたが、ミニマリストになって、私も(妻も)物欲が減りました。

物が増えるのも嫌になりました。

ミニマリストの私は物欲があまりない。欲しい気持ちを抑える方法4選

 

ミニマリストの生活は、(部屋や生活がスッキリしているので)魅力的です。

あなたが、ミニマリストになって、物を持たない生活をすれば、パートナーにもいずれ良さが伝わります。

 

ミニマリストの良さが伝わって、パートナーもミニマリズムに目覚めれば、衝動買いの癖は直ってきます。

 

自分がミニマリストの生活をしていると、パートナーもなぜかミニマリズムに目覚めるというのは、結構あるんですよ^^

実は、妻が最初にミニマリズムに目覚め、影響を受けて私もミニマリズムに目覚めた口です(笑)

自分が見本になって、ミニマリズムを実践しよう

自分が見本になって、ミニマリズムを実践しよう

時間がかかるけれど、根気よくミニマリストになり続けよう

「見本になるだけじゃ、なかなか伝わらない」

って、思う方もいらっしゃいますよね。

 

もちろん、なかなか伝わらいこともあります。

なかなか伝わらなくて、パートナーがミニマリズムを受けいてくれるまで、5年もかかった夫婦もあるそうです。

 

時間はかかりますが、根気よく見本になれば、いつかはパートナーもミニマリズムの良さに気づいてくれますよ^^

根気よくミニマリストになり続けることも大切

根気よくミニマリストになり続けることも大切

パートナー(妻・夫)の衝動買い癖を直すには、話し合いも大切

パートナー(妻や夫、恋人など)の衝動買いの癖を直すには、話し合いも大切です。

 

・ミニマリズムとは何か?

・ミニマリストの生活がどのように魅力的なのか?

など、丁寧に説明してください。

 

以前の記事でお話ししましたが、ミニマリズムは、人生を豊かに、有意義にするのに役立ちます。

 

※ミニマリストは、人生を有意義にするために、不要な物事を捨てる生活をしている人です

ここが変だよ日本のミニマリスト像。物を極限まで減らす生活じゃない

 

「二人の人生を豊かに幸せにするためにミニマリズムが役立つ」ということを丁寧に説明してくださいね。

そして、相手の言い分も聞いて、お互いに納得できる答えを出してください^^

衝動買いを直すには、ていねいに話し合いをすることも大切です

衝動買いを直すには、ていねいに話し合いをすることも大切です

話し合いをするタイミングは、心が落ち着いているときに

話し合いをするときは、タイミングも大切です。

 

衝動買いをしてきたときや、いらない物がたくさんある状態を見たときに、パートナーと話し合いをするのは不可能です。

確実に、怒りに任せて、あなたがパートナーを攻めてしまうから。

 

お分かりいただけると思いますが、怒りに任せていっても、事態は良くなりませんよね。

 

お茶を飲んでいるときや、楽しいことをしているときなど、心が落ち着いているにゆっくり話しあうのがポイントです。

心が落ち着いているときなら、相手を攻める言葉は出てこないですもんね^^

 

そして、1回だけじゃなくて、何度も何度も話し合ってくださいね。

話し合いは、心が落ち着いているときに

話し合いは、心が落ち着いているときに

口うるさく言えば言うほど、反発したくなる

子供の頃に親から「勉強しなさい」といわれると、「うるさいなぁ~」と思って勉強する気がなくなるって、あるあるですよね。

 

片付けや衝動買いも同じです。

 

「衝動買いの癖をやめてよ」と、パートナー(妻や夫、恋人など)に言えば言うほど、反発されます。

反発されるくらいならまだマシで、大ゲンカになっちゃう可能性も。

 

衝動買いの癖に限らず、パートナーに嫌な癖を直してもらいたいときって、つい口うるさくいってしまいがちですよね。

ですが、口うるさくいっても、良い結果になることはめったにありません。

 

まずは、自分が見本となって、どれだけ「ミニマリストの生活」が良いか見てもらいましょう。

口うるさくいっても、反発されるだけ

口うるさくいっても、反発されるだけ

自分の物だけ、自分の部屋だけを徹底的に捨てる

ミニマリストになるために物を捨てていくと、パートナー(妻や夫、恋人など)の物が気になってきます。

気になってくると、注意をしたり、勝手に捨てたくなるんですよね。

 

でも、勝手に捨てるのは、絶対にNGです。

 

他人の物を勝手に捨てると、間違いなくケンカになります。

最悪の場合、離婚になることも。

 

私も勝手に捨てられて、怒ったことがあります。

 

※他人の物を勝手に捨てると、嫌われてしまいますよ

夫(妻)や他人の物はかってに捨てない・片付けない。離婚の原因に

 

片づけをしていると、他人の物が気になる、捨てたくなる気持ちはよ~くわかります。

でも、絶対に捨てないようにしてくださいね。

 

自分の物だけ、自分の部屋だけを徹底的に捨ててください。

自分の物を捨てるだけでも、部屋はかなりスッキリしますし、だんだんとパートナーも片付けをしてくれるようになります。

 

自分の物だけ、自分の部屋にあるものだけを捨てて、ミニマリズムを実践する

これは大切なルールです。

自分の物だけ、自分の部屋だけを片付けて。他人の物は、勝手に捨てない

自分の物だけ、自分の部屋だけを片付けて。他人の物は、勝手に捨てない

衝動買いをする心理と原因とは?  

衝動買いをしてしまう心理は

・ストレスが溜まっている

・外部からの影響

といわれてます。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっていると、ストレス発散のために衝動買いをしてしまうことってありますよね。

平日の仕事の疲れをいやすために、休みの日に買い物行くというは、よくあるパターンですね。

 

ストレス発散で衝動買いをする人って、多いんですよ。

外部からの影響

テレビのCMを見ていたら、「これ欲しい!」となった。

ネットサーフィンをしていて気になった広告をクリックしたら、つい買ってしまった。

ショッピングをしていたら、必要もないのにたくさん買ってしまった。

 

こういうことってありますよね。

 

人は、気分が良いとき(高揚しているとき)は、良い情報しか頭に入ってこないんですね。

 

気分よく買い物をしているときは、良い情報だけが入ってきます。

すると、「欲しい」「買いたい」という気持ちが高められます。

 

「必要かどうか」の判断よりも、「欲しい」が勝っちゃうので、冷静な判断ができなくて衝動買いをしてしまうんです。

 

テレビCMやネットの広告には、気分を高揚させる施術がなされているので、衝動買いを引き起こすんですよ。

衝動買いをしてしまう心理は2つ

衝動買いをしてしまう心理は2つ

まとめ

パートナー(妻や夫、恋人など)の衝動買いの癖を直すには、

・ていねいな話し合い

・自分が見本になる

が大切だと私は考えています。

時間がかかってしまいますが、自分がミニマリズムを実践し続けることで、いつかはパートナーも分かってくれるようになりますよ。