皇すぴおブログ

都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプルライフ。荷物をため込む癖があるので、断捨離をして、プチミニマリストを目指しています。ときどき、おうちごはんを紹介。ブログタイトルを「二人暮らしno快適シンプルライフ」から『皇すぴおブログ』に変更。

たった2つ(髭剃りやめる、腸内環境の改善)で、ニキビが治った話

ニキビっていやですよね。

むかしは、「ニキビは青春のシンボル」なんて言われていましたが、大人でも思春期でも、ニキビはない方がいいに決まっています。

 

私はアラフォーですが、おでことあご周りに大人ニキビがありました。

「アラフォーでも青春だぜ、やっほーい」となっている場合じゃないので、常々ニキビを改善と思っていました。

 

そこでニキビを治すべく、

髭剃りやめる

・腸内環境を改善する

を実行したところ、劇的に良くなったんです。

髭剃りをやめる代わりに行ったこと腸内環境を改善するために行ったことについてお話ししますね。

 

髭剃りをやめて、腸内環境を改善したら、ニキビが大幅に治りました

私は、おでこと口やあごに大人ニキビがありました。

スキンケア男子なので、ニキビケア用の化粧水や美容液、保湿ゲルを使っていますが、それでもなかなかニキビは治りませんでした( ;∀;)

 

ですが、今はかなり改善(*´▽`*)

妻に「ニキビかなり減ったね^^」といわれるくらいです。

 

何を行ったかというと、

・髭剃りをやめる

・腸内環境の改善

です。

この2つを行ったら、劇的にニキビが治ったんです。

ニキビに厳しい(ダジャレです(笑))妻も、納得の治り具合です。

髭剃りやめて、腸内環境を改善したら、ニキビが治りました

髭剃りやめて、腸内環境を改善したら、ニキビが治りました

髭剃りをやめる代わりに、ヒゲトリマーで整えています

カミソリや電気シェーバーでの髭剃りって、肌への負担が大きいんですよね。

 

目には見えませんが、ひげをそると、肌(角質)も一緒に沿っちゃうことになります。

すると、肌が乾燥しやすくなって弱くなるので、守るために皮脂分泌が多くなります。

皮脂が多くなれば、毛穴が詰まりやすくなって、ニキビができてしまうんです。

 

髭剃りであごにニキビができる流れをかんたんに説明すると、以下のようになります。

髭剃りをする

肌(角質)が削られる

肌が弱くなる

守るために、皮脂がたくさんでるようになる

毛穴が詰まる

ニキビができる

 

そこで、私は、あごや口周りにできるニキビを治すために、髭剃りをやめることにしたんです。

 

髭剃りをやめるのはかんたんですが、 男なのでひげが生えてきてしまいます。

そこで、髭剃りの代わりに、整えることにしたんです。

 

ひげを整えるために、

「フィリップス ヒゲトリマーseries5000(品番:BT5204/15)」

を購入しました。

フィリップス ヒゲトリマーseries5000(品番:BT5204/15)は、0.4mm~10mmまで好きな長さに調節できます。

0.4~1mmまでは0.2mm間隔、1~5mmまでは0.5mm間隔、5~10mmまでは1mm間隔で長さを調節できます。

 

私は、10日に1回くらいのペースで、0.8mmに整えています。

2分くらいで整えることができるので、とってもかんたんです^^

 

髭剃りをやめて、整えるようにしたら、あごや口周りのニキビは治り、肌もきれいになりました。

また、今まであごや口周りは乾燥肌だったのですが、乾燥もしにくくなりました。

ニキビが治ったことで、「髭剃りって、肌への負担が大きいんだなぁ」と、実感しました。

 

あごや口周りのニキビで悩んでいる男性は、私のようにひげを整えるに変えてみると、治るかもしれませんよ^^

髭剃りをやめる代わりに、ヒゲトリマーで整えることにしました

髭剃りをやめる代わりに、ヒゲトリマーで整えることにしました

腸内環境は、発酵食品&砂糖断ちで改善しました 

腸内環境が悪いと、ニキビができやすくなるといわれますよね。

そこで、腸内環境の改善に力をいれたところ、おでこなどのニキビが治りました。

 

腸内環境の改善として行ったことは、

・発酵食品を意識して食べる

・砂糖断ち(砂糖を極力たべない)

の2つです。 

 

発酵食品は、腸内環境を整えてくれます。

毎日、「甘酒」「味噌汁」を食べて、ときどきチーズや鰹節(かつおぶし)を食べるようにしていました。

※商品名に「かつおぶし削りぶし」「かつおかれぶし削りぶし」とかかれている鰹節は、カビ付けされている発酵食品になるんですよ。

 

甘酒は手作りして、安くお得に続けています。

手作りなら安く作れますし、自分の好きな味ができる米麹で作ることもできて楽しいです^^

www.simple-s777.com

 

みそは、60℃以上になると、酵素が壊れてしまうそうです。

なので、みそ汁を作るときは、酵素が壊れないように、60℃以下(沸騰させない)で作っていました。

「ちょっとぬるいかも」というときもありましたが、味噌好きなので気になりませんでした(笑)

 

砂糖は、腸内環境を悪くして、酵素の働きも悪化させます。

www.simple-s777.com

なので、砂糖をできるだけとらないように気を付けています。

甘いものが食べたくなったり、料理で使いたくなったりすることってありますよね。

そんなときは、上の記事で紹介したように、はちみつや甘酒を使ったり、くだものを食べたりしていました。

 

発酵食品を食べて、砂糖断ちをして腸内環境の改善に力をいれたら、ニキビが治り肌がきれいになりました。

発酵食品と砂糖断ちで、腸内環境を改善したら、ニキビが治りました

発酵食品と砂糖断ちで、腸内環境を改善したら、ニキビが治りました

まとめ

私は、髭剃りをやめて、腸内環境を改善したら、ニキビがかなり治りました。

私のようにニキビに悩んでいる人は、ぜひマネしてみてください^^

ニキビの改善=スキンケアというイメージですが、まずは、「体の中と物理的な負担を減らすことが根本的な解決への近道なんだな」と実感しました。