皇すぴおブログ

都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプルライフ。荷物をため込む癖があるので、断捨離をして、プチミニマリストを目指しています。ときどき、おうちごはんを紹介。ブログタイトルを「二人暮らしno快適シンプルライフ」から『皇すぴおブログ』に変更。

米麹だけで手作り甘酒が簡単に作れます。過程を見せつつ作り方を紹介

私は、甘酒を手作りしています。

定期的に甘酒を作り、常に冷蔵庫に入っている状態にしています。

 

「甘酒の手作りって大変じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は超かんたんです。

特に、私の作り方はかんたんで、ほぼ放置。

そこで、実際に作った甘酒を紹介しつつ、作り方を紹介しますね。

 

必要な材料は、たった3つだけなんです。(実質は1つだけです)

 

私がつくった手作り甘酒を披露

甘酒に必要な材料は、

 

・米麹(こめこうじ)

・お湯(60℃)

・お湯(100℃)

 

だけです。

少ないですよね^^

 

米麹には、「生麹」(なまこうじ)と「乾燥麹」(かんそうこうじ)の2種類がありますが、生麹のほうが甘みが強い甘酒ができます。

私は、生麹で作るほうが好きなので、基本的には、生麹を使います。

 

それでは、甘酒の作り方を紹介しますね。

 

1.まず、熱湯したお湯で、必要な道具(甘酒を入れる容器など)を殺菌します。

熱湯(100℃のお湯)で道具を殺菌します

熱湯(100℃のお湯)で道具を殺菌します

 

2.生麹を殺菌した容器に入れます。 

 こちらが米麹です。

米麹です

米麹です

米麹を容器に入れました。

今回は、345gの米麹を使用しました。 

米麹を容器に入れます

米麹を容器に入れます

 

3.60℃のお湯をいれます。

お湯(60℃)の量は、米麹の1.2倍です。

今回、米麹は345gだったので、414cc(345×1.2=414)となります。

米麹が入った容器に、60℃のお湯を入れます

米麹が入った容器に、60℃のお湯を入れます

 

4.ヨーグルトメーカーに入れて、60℃で9時間保温します。

ポットや炊飯器を使って甘酒を作る方法もありますが、ヨーグルトメーカーを使ったほうがかんたんです。

 

スイッチをいれたら、あとは9時間たつのを待つだけです。

ヨーグルトメーカーに入れて、60℃で9時間保温

ヨーグルトメーカーに入れて、スイッチオン

 

5. 9時間放置でもいいのですが、ときどき混ぜたほうが甘みが増すそうなので、適当なタイミングで混ぜます。

ときどき混ぜると、甘みが増すようです

ときどき混ぜると、甘みが増すようです

 

6.9時間たったら、甘酒の完成です。 

3つの材料と、ほぼ放置で甘酒ができます。

と~ってもかんたんですね^^

 

約350gの米麹からは、700~800gの甘酒ができますよ。

完成した手作り甘酒

完成した手作り甘酒

 

手作り甘酒の味は、使う米麹によって変わります

できた甘酒の味は、まろやかで甘いです。

少しトロッとしていて、甘みのあるスープのよう。

麹の優しい甘みが、口の中に広がります。

甘いのにくどくなく、嫌な後味は残りません。

自然の甘みってすごいですね。

 

私は、薄めずに濃いままで食べますが、甘いのでぬるめのお湯で薄めて飲むのもありですよ。

砂糖代わりに料理に入れたり、お菓子の甘みつけに使ったりするのもアリです。

手作り甘酒は、ただ飲むだけじゃなくて、いろいろ使えて便利です。

 

ちなみに、完成した甘酒の味は、米麹に大きく左右されます。

同じ作り方でも、甘みや味が違うので、自分の好みの甘酒ができる米麹を探すのも楽しいです。

 

手作り甘酒を始めたきっかけは、節約

手作り甘酒を始めたきっかけは、節約からです。

 

私は、腸内環境があまりよくありません。

そのため、下痢しやすかったり、肌荒れ(ニキビなど)が起こりやすかったりしました。

腸内環境を整えるには、「発酵食品がよい」ということなので、甘酒や味噌、チーズなどを食べるようになりました。

 

ただ、甘酒って、高いんですよね。

500ccで、500円くらいします。

安い甘酒もありますが、安いものは、砂糖などが入っているるので健康に良くありません。

 

そこで、「手作りしてみよう!」と思い立ちました。

 

手作り甘酒なら、米麹1kgで1000円くらいで買えますし、米麹1kgあれば甘酒は2000cc~3000ccくらいできます。

手作りのほうが、あっとうてきに安上がりです。

 

市販の甘酒よりも手作りのほうがおいしいですし、価格もお得。

しかもかんたんに作れちゃう。

だったら、手作りしますよね。

 

このように、安く、おいしい甘酒を食べたいという思いから、手作り甘酒を始めました。

 

まとめ

甘酒の手作りは、とってもかんたんです。

必要なものも3つだけ(実質、米麹だけ)で、ほとんど放置でできます。

「甘酒を安く食べたい」という方は、私のように手作りを始めてみてはいかがでしょうか。