皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

見た目を磨くだけより効果あり。美人になるために欠かせない3つの方法。

今まで私は、美人になるには、見た目だけ磨けばいいと思っていました。

でも最近、見た目を磨くだけでは美人になれないと強く感じたんです。

そこで今日は、美人になるのに欠かせない3つの方法について、お話したいと思います。

その気になる3つの方法とは?

心を磨く。

f:id:s-mika:20191001012350j:plain

心を磨くのは、美人になるために大切な方法です。

美人は、心も美しいイメージがありませんか?

私の心の中は、美・健康に対する貪欲、頑固さ、怠惰のような暗闇でいっぱいでした。

ダイエットも食べる量を減らしたり・太る原因を断ったりしないと、成功しないですよね。

 

美人になるにも心を磨かないと醜さが残ったままなので、それが見た目(顔・体)に反映してしまうんです。

やがて自分以外の人は、その心の醜さを感じ取り、離れ去ってしまうことがあります。

 

では、具体的にどうやって心をきれいにすればいいのでしょうか?

ここでは3つの方法をお話しますね(^-^)。

1.何事もほどほどにする。

f:id:s-mika:20190907203826j:plain

食べすぎ、飲みすぎ、買いすぎは控えた方が、美しくなれますよ。

世の中は、美容・健康に良さそうなもの、幸せになれそうな方法であふれていますよね。

でも、次から次へと美容によさそうな食べ物・飲み物・方法を取り入れると、お金が減ってしまいます。

さらに、ある食べ物や飲み物が、美容・健康にいいからと知って、食べすぎたり、飲みすぎたりしていたら、いつまでたっても美人にはなれません( ;∀;)。

 

見た目の美しさの土台は、程よく栄養をとり、よく動き、よく笑うこと

つまり、自制が大切です。

 

心の中に、貪欲、怠け癖、美味しそうなものに目がない気持ちがあると、すぐ誘惑に負けてしまいます。

私も心の中に、美に対する貪欲さがあったので、何度もダイエットに失敗したんですね。

食べすぎたり、飲みすぎたり、買いすぎたりした度に、自制は美容・健康に欠かせないんだと痛感しました。

2.相手を思いやる。(自分本位な考えを手放す)

f:id:s-mika:20191001012619j:plain

思いやりの気持ちを持つのも、美人になるには欠かせません。

自分の欲を優先する気持ちを抑えて、相手の気持ちを思いやるのも、心をキレイにする過程で役立ちます。

 

子供の頃から、私はわがままで頑固な性格でした。

そのため、家族を振り回して困らせていたんですね。今はもの凄く反省しています(*_*;。

相手の気持ちを考えずに、自分がしたいことを優先していると、自分本位な人と思われてしまうのでお気をつけください。

私もよく『本当にあんたはワガママだね。いい加減にしなさいよ。』と母に叱られました(;^ω^)。

 

主人と結婚して、少しずつ自己中心的な考えを捨て始めたら、心が楽になったんです。

今でも私は完璧な人ではないですが、心を掃除して思いやりの気持ちで満たすのは、憎しみで満たすよりも心地よいと感じるようになりました。

3.悪口・陰口を言わない。

f:id:s-mika:20191001012707j:plain

悪口・陰口は、美人の道から遠くなってしまいます。

悪口・陰口を言わないことも、美人になる秘訣です。

 

私は、他人を批判してしまう悪い癖があったので、改善したいと悩んでいました。

悪口を言うと、自分にそのダメージが返ってきて嫌な気持ちになるし、誰も幸せになれません。

また、悪口を言えば言うほど、言った人だけでなく聞いている人にもストレスが溜まり、どちらも老化が早まるそうです(T_T)。

 

悪口・陰口は言っても聞いても、どんな人にも益になりませんし、誰もが美人から遠ざかってしまいます。

残念ながら悪口・陰口は、たばこ、砂糖のようにデメリットしかありません。

私は他人を批判する悪いクセを捨てるのに、長い時間がかかりました。

もし、あなたが悪口・陰口を言ってしまうなら、少しずつ止めていくと、心も見た目もより美しくなっていきますよ。

まとめ

 今日は、美人になるのに欠かせない3つの方法について、お話させていただきました。

1.何事もほどほどにする

2.相手を思いやる(自分本位な考えを手放す)

3.悪口・陰口を言わない

どれも私は苦手だったので、心が真っ暗でした。

でも、これら3つを徐々に捨てると、心がキレイな美人になっていきます。

今日の記事が、美人になりたいと願っているあなたの参考になれば嬉しいです。

『皇美花(すめらぎ みか)』