皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

貧乏性で捨てられない性格の私が、断捨離できる理由と方法とは?

断捨離したいけれど、貧乏性の性格なので、もったいなくて捨てられない」

「物を捨てるのは罪悪感を感じるので、断捨離できない」

 

このように、断捨離したいけど、貧乏性なのでもったいなくて捨てられないってありますよね。

私も貧乏性なので、お気持ちよ~く分かります。

ですが、貧乏性でも、断捨離の本質を知って練習すれば、捨てられるようになります。

 

そこで、「貧乏性の私でも、断捨離して物を捨てられている理由と方法」について、お話ししますね。

貧乏性な性格の私が断捨離できている理由は、「断捨離の本質」を知ったから

私は、貧乏性な性格です。

細かくいうと、

・貧乏性

・もったいない精神が強い

・臆病なので、石橋をたたいて渡るタイプ

・「将来使うかも」と考えて、物をため込む癖がある

・物をため込むと安心する

・安定を好むので、変化が苦手

ので、物を捨てるのが超苦手です。

 

理想としては、物が少なくてすっきりしている部屋に住みたいと思っています。

ですが、現実としては、物を捨てるのが苦手なので、これまではごちゃごちゃした部屋に住んでいました。

 

貧乏性で物が捨てられない性格の私ですが、現在、断捨離の最中で、物をがんばって捨てています。

「もったいないな」「申し訳ないな」という気持ちはありますが、捨てれています。

 

貧乏性でも断捨離できている理由は、「断捨離の本質」を知ったからなんです。 

※本質とは、物事の最も大切なポイントです。

貧乏性で捨てられない性格でも、本質を知れば断捨離できる

貧乏性で捨てられない性格でも、本質を知れば断捨離できる

「断捨離の本質」は、大切な物と理想の生活を知ること

断捨離というと、「物を捨てること」というイメージがありますよね。

ですが、大きな勘違いです。

 

こちらの記事でもお話ししましたが、断捨離とは、

「自分にとって大切な物、自分の理想の生活を知ること」

です。

↓↓↓

www.simple-s777.com

 

“断捨離”という言葉を作った「やましたひでこ」さんも著書の中で、以下のように言っています。

世間では、断捨離は「捨てる技術」のように言われていますが、それは大きな誤解です。

捨てるというのはプロセスであり、重要なのは「自分にとって大切なモノ・コト・ヒト」を選択するということです。

(引用元:捨てる。引き算する勇気)

 

断捨離の本質は、ガラクタ(必要のない物)を捨てて、残った物を大切にする

そして、足るを知り、理想の生活を手に入れる手段なんです。

 

貧乏性な性格でも、本質を知ると、断捨離しやすくなりますよね^^

断捨離は、残した物を大切にして、理想の生活を知ること

断捨離は、残した物を大切にして、理想の生活を知ること

断捨離すると、物をムダにしなくなる

「断捨離はもったいない」

「捨てることは、もったいないから罪悪感がある」

このように思う方もいらっしゃいますよね。

私も捨てる行為は、“もったいない”と思います^^

 

もちろん物を捨てることは、もったいないです。

でも、断捨離をしていくと、物をムダにしなくなってくるんですよ。

 

理由は2つあります。

 

ひとつは、「捨てて物をムダにしちゃったから、もうムダな物は買わないようにしよう」と思うようになるからです。

 

ふたつめは、部屋に物があふれていたり、忙しかったりすると、

・ストレス解消で物を買う

・何があるか把握できていないので、いらない物を買ってしまう

となり、物をムダにしてしまいます。

 

(私はまだ経験がありませんが、)断捨離が完了すると、物への執着がなくなって、時間と心にも余裕ができるそうです。

断捨離して「必要な物が分かる&心に余裕ができる」ようになれば、不要な物を買わなくなるので、ムダにしなくなるんです。

 

部屋をスッキリさせるって、すごいですね。

断捨離すると、物をムダにしなくなる

断捨離すると、物をムダにしなくなる

貧乏性で捨てられない性格の人は、断捨離の練習と2周目を

断捨離の本質をしれば、私のような貧乏性で、もったいない精神が強い性格でも、断捨離できるようになります。

 

とはいっても、「もったいない」と思わないわけじゃぁないんですよ。

「もったいないなぁ」と思いながらも、断捨離しているんです。

理想の生活(人生)のため、物を大切にするために、自分を奮い立たせて断捨離しています!

まさに、自分との闘いです^^

 

こちらの記事で本を募金したように、断捨離ときにできるだけ「募金できないかなぁ」とリサイクルも考えています。

↓↓↓

www.simple-s777.com

 

私のように、捨てるのが苦手な人は、捨てる練習もほしいんです。

自分を奮い立たせて断捨離していても、「もったいない」「将来使うかも」がでてきて、1回では捨てきれないです(;^ω^)

なので、1周目は、捨てる練習もかねています。

服や本など、捨てやすいものから始めるのもいいです^^

 

捨てきれないので、2周目(もう一度いちから断捨離する)、3周目も覚悟しています。

2周目、3周目を覚悟してれば、「まずは断捨離してみようかな」と気楽な気持ちで始められますよね^^

断捨離(捨てる)も、練習がほしいです

断捨離(捨てる)も、練習がほしいです

まとめ

貧乏性でもったいない精神が強い性格だと、断捨離で捨てることに罪悪感が出てきますよね。

でも、同じ貧乏性の私でも“本質”を知って、捨てる練習をして、自分を奮い立たせれば、断捨離ができています。

もったいなくて捨てられない方は、「断捨離が完了すると、物を大切にするようになる」を知っていれば、少し罪悪感が和らぎます^^

罪悪感をやわらげつつ、練習から始めてくださいね。