皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

【ミニマリスト】家庭を明るくする意外な2つの方法とは?

あなたは、自分以外の人に「愛」を与えていますか?

最近まで、私は他人に興味がなく、自分だけを大事にしていたので、家庭に居場所がありませんでした。

今日は、【ミニマリスト】家庭を明るくする意外な2つの方法について、お話したいと思います。

その意外な2つの方法とは?

1.言い訳をやめる。 

f:id:s-mika:20190926013319j:plain

言い訳を止めると、自分の殻に閉じこもることが減ります。

どんな素敵な旅館・ホテルに泊まっても、やっぱりお家が一番♪と思った経験はありませんか?

私は、旅行に出かける度によく思いました。

 

でも、家庭に居場所がなかったり、トラウマがあったりすると、ゆったりくつろげないですよね。

私も、主人に何か言われたとき、自分を正当化しようとして、よく言い訳をしていた時期がありました。

『私は精一杯やっているのに、何でそんなに小言ばかり言うの?』

こんな酷いことを言って、主人を悲しませていたこともあったんです。自分のせいで、家にいても居心地はよくありませんでした。

 

言い訳をしていたときは、素直に主人のアドバイスを聞けなかったので、自分の殻に閉じこもっていました。

自分の殻に閉じこもっていると、関係がギクシャクするばかりだったので、言い訳をするのをしばらく止めてみたんですね。

主人に何か言われたときに、素直に聞くようにしたら、なんと自分の殻に閉じこもることが減りました

自分を正当化するのを止めると、相手とよい関係になれることを体験してから、だんだん家庭が心が癒される場所に変わっていったんです。

2.相手にしてもらいたいことを「自分から」する。

f:id:s-mika:20190926013455j:plain

してもらいたいことを「自分」からすると、相手も心を開いてくれますよ。

愛は、他人から与えられるものだと思っていた私は、人の気を引くことしかできませんでした。

例えば、メイクを練習したり、ダイエットを頑張ったり、オシャレな服を着たり。

確かに見た目がキレイになれば、自分に自信がつきますし、男性も優しくなります。

 

でも、一生懸命に人の気を引こうをしなくても、『相手にしてもらいたいことを自分からすれば、自然に温かい家庭を作れるんだ』と最近分かってきたんですね^^。

 

相手がしてほしいことを知るには、私の場合、主人とたくさん会話をすることが必要でした。

主人が何をして欲しいのかを知らなかったとき、私がよく的外れなことをして、ワーッと喧嘩になることもあったんですね(;^ω^)。

この痛い経験を通して、『こんな時はどうしたら嬉しいの?』と主人によく聞くようになったら親切に教えてくれて、相手を理解できるようになりました。

 まとめ

今日は、【ミニマリスト】家庭を明るくする意外な2つの方法についてお話させていただきました。

文章が拙いせいか、上手くまとめられなくて申し訳ないです。

家庭を明るくする方法はさまざまですが、私の場合は、次の2つが効果的でした。

1.言い訳をしない

2.自分にしてもらいたいことを相手にする

もし、あなたが今の家庭に不満がある場合、相手だけでなく自分にも原因がないか、少し探ってみてはいかがでしょうか?(^-^)。

もしかしたら、意外な発見があるかもしれませんよ。

今日の記事が、家庭に居場所がない・満たされないと感じているあなたのお役にたてれば嬉しいです。

『皇美花(すめらぎ みか)』