皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ブロッコリースプラウトを栽培してみました。夏休みの自由研究にもピッタリ

「家庭菜園をやってみたいけど、畑がない」

「毎年、子供の夏休みの自由研究を手伝わされて困る」

このようなことに困ったことってありませんか?

 

家庭菜園って楽しそうなのでやってみたいのですが、私も畑をもっていないのでできません。

そんなときに、「ペットボトルで育てるブロッコリースプラウト」を見つけたので、購入して栽培してみました。

どんな感じに育ったか、紹介しますね。

 

育て方はかんたんなので、子供の自由研究にもピッタリですよ。

 

ブロッコリースプラウトを栽培しました。育て方や成長を紹介

「いつかはmy畑を作って、野菜は自分で育てたものを食べる」というのをやってみたいです。

土地をたくさん持っている人なら、一部を畑にして家庭菜園ができますね。

ですが、私は貧乏なので、土地がありません(涙)

アパート暮らしなので、ベランダ菜園も厳しいです。

 

そもそも、小学生の授業以来、野菜や植物を育てるということをやったことがありません。

完全に、「野菜栽培の超素人」の私です。

 

そんなときに見つけたのが、こちらの「一週間でできる自由研究 ブロッコリーの新芽」です。

「完全に子供用じゃないか~い」ってツッコミは置いといてください^^

子供の自由研究にピッタリ。ブロッコリースプラウトの栽培

子供の自由研究にピッタリ。ブロッコリースプラウトの栽培

実際にブロッコリースプラウトを栽培した感想は、「かんたんだった」でした。

必要なものも、

・ブロッコリースプラウトの種

・ペットボトル

・お皿

・ざる

・サランラップ

・お湯とお水

・コットン

・霧吹き

だけなので、準備もかんたんです。

 

まずは、栽培に入る前の準備からご覧ください。

 

1.ペットボトルを深さ5cmくらいにカットして、底に穴を数カ所あけます

ペットボトルの底に穴を数個あけます

ペットボトルの底に穴を数個あけます

 2.コットンを敷き詰めます

コットンを敷き詰めます

コットンを敷き詰めます

 3.お皿にブロッコリースプラウトの種を入れ、熱湯を入れて「5秒」数えます

ブロッコリースプラウトの種を熱湯に5秒つける

ブロッコリースプラウトの種を熱湯に5秒つける

 4.5秒たったら、ブロッコリースプラウトの種をザルにあけ、すぐに水で冷やします。

 

5.水を入れたお皿にブロッコリースプラウトの種を入れ、30分放置します

水を入れたお皿にブロッコリースプラウトの種を入れて、30分放置

水を入れたお皿にブロッコリースプラウトの種を入れて、30分放置

 6.30分経ったら、コットンを入れたペットボトルに(種が重ならないように)ブロッコリースプラウトの種を入れます。

(ペットボトルのコットンは、あらかじめ水で濡らしておきます)

濡れたコットンの上に、ブロッコリースプラウトの種をしきます

濡れたコットンの上に、ブロッコリースプラウトの種をしきます

 7.サランラップをかけて、うす暗くて暖かいところに40~50時間放置します。

サランラップをかけて、暗いところにブロッコリースプラウトの種を40~50時間放置

サランラップをかけて、暗いところにブロッコリースプラウトの種を40~50時間放置

 8.ブロッコリースプラウトの種から目が出てきたら、朝と夕に、霧吹きで水をかけて、また薄暗いところに戻します。

ブロッコリースプラウトの種から目が出てきたら、霧吹きで水をあげる

ブロッコリースプラウトの種から目が出てきたら、霧吹きで水をあげる

あとは、芽が大きくなったら、徐々に明るい場所へ移動しつつ、朝夕に水をあげるだけです。

かんたんですよね^^

 

ブロッコリースプラウトの栽培と成長過程

それでは、成長の様子をご覧ください。

 

●栽培を始めて3日後のブロッコリースプラウトです。

芽が出てきている種が増えていますね。

栽培を始めて3日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて3日後のブロッコリースプラウト

●こちらが、栽培を始めて4日後のブロッコリースプラウトです。

急激に芽が育ってきました。

すごいです。

栽培を始めて4日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて4日後のブロッコリースプラウト

●栽培を始めて1週間後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて7日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて7日後のブロッコリースプラウト

本当は、1週間くらいで育つ予定なのですが、季節的に寒かったため、育つのが遅かったようです。

このまま、栽培を続けてみました。

 

●栽培を始めて10日経ちました。

大きく育ってきていますね。

葉も緑色になってきましたが、まだまだスカスカです。

栽培を始めて10日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて10日後のブロッコリースプラウト

●17日が経ちました。

芯がしっかりしたブロッコリースプラウトが多くなってきました。

よれよれだったのが、ウソのようです。

栽培を始めて17日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて17日後のブロッコリースプラウト

 ●栽培スタートから19日経ちました。

栽培を始めて19日後のブロッコリースプラウト

栽培を始めて19日後のブロッコリースプラウト

葉も大きくなり、密林のように育ちました。

まるで、小さなジャングルのようです(笑)

ここまで育てて、収穫して食べました。


このように、ブロッコリースプラウトの栽培は、とってもかんたんです。

子供の自由研究にもピッタリですし、部屋で育てることができるので、家庭菜園をやってみたいけど土地がない人にもおすすめです。

自由研究にするなら、育てた経過だけじゃなく、「こんな料理にして食べてみました」という写真もあると、オリジナリティがでて良いかもしれませんね。

 

ちなみに、ブロッコリースプラウトは、プランターとかで気合を入れて栽培すると、ブロッコリーができるそうです。

うまくいけば150日くらいでしっかりしたブロッコリーが育つようなので、夏休み前から始めると面白い研究になるかもです。

 

栽培したブロッコリースプラウトを食べるときは、よく洗って加熱してね

栽培したブロッコリースプラウトは、食べることができます。

ただし、注意事項として、よく洗って加熱調理してから食べてください。

 

お店で売っているブロッコリースプラウトは、衛生管理が行き届いたところで栽培されているので、生で食べることができます。

自分で育てる場合は、衛生管理が完全じゃないので、生で食べないほうがいいんです。

 

私も、フライパンで焼いてマヨネーズをかけて食べたり、チャーハンに入れて食べたりしました。

個人的には、焼いてマヨネーズのほうがおいしかったです。

 

しっかり洗って、加熱して食べたので、お腹が痛くなったり、食中毒になったりはしませんでした^^

 

まとめ

すっごい久しぶりに植物(野菜)を育てましたが、野菜を育てるのは楽しかったです。

育ったところを見ると、「お~、育ってきた~」と声をだして喜んでいました。

家庭菜園にはほど遠いですが、ちょっとした予行練習にはなったと思います。

次は、もう少し大きく育つ野菜を育ててみたいなぁ^^