皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」をレビュー。カビは使っていません

「おいしいチーズが食べたい!」

「後味がしつこくないチーズが食べたい」 

あなたは、このように思っていませんか?

 

実は私は、スーパーなどで売っている、市販のチーズがあまり得意ではありません。

チーズの何が苦手かというと、「食べた後に口に残る、ねっちょっとしたねっとり感」です。

後味ねちょねちょが、どうしても好きになれません。

 

そんなチーズが得意ではない私が、「このチーズはおいしい!」と思ったチーズがあります。

そのチーズは、アトリエ・ド・フロマージュの「ココン」です。

どんなチーズなのか、味や食感などをレビューしますね。

 

アトリエ・ド・フロマージュの「ココン」は、チーズ特有のねっとり感がない

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ『ココン』は、2年に1度フランスで行われる国際チーズコンテスト「モンディアル・デュ・フロマージュ2017」(Mondial du fromage)で、金賞を受賞したチーズです。

同じく2年に1度開催される国内最大級のチーズの祭典「ジャパンチーズアワード2016」では、金賞&最高部門賞を受賞

ジャパンチーズアワード2018でも、銅賞を獲得した、すっごいチーズです。

 

まずは、「ココン」の外観をご覧ください。

こちらが「ココン」のパッケージを上から見たところです。

「ココン(cocon)」が目立ちますね。 

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」の外観

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」の外観

パッケージを横から見ると、このようになっています。

シンプル・イズ・ベストを感じさせるパッケージです。

「ココン」の外観を横から見たところ

「ココン」の外観を横から見たところ

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」の実物の写真は、こちらです。

500円玉よりも一回り大きいくらいのサイズ(50g)で、お値段は、約760円(税込み)。

ちょっと贅沢なチーズです。

ココンは、丸くて白いチーズです

ココンは、丸くて白いチーズです

ココンをカットすると、ぎっしりと詰まったような断面が出てきます。

見た目は、硬そうなチーズに見えますが、常温にだしておくと、だんだんと柔らかくなってきます。

30分くらい常温にだしておくと、中身がトロトロになってくるという不思議なチーズなんです。

ココンは、硬そうに見えますが、常温に出しておくと柔らかくなります

ココンは、硬そうに見えますが、常温に出しておくと柔らかくなります

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」の味は、濃厚です。

濃厚でコクがあり、舌触りは滑らかです。

それなのに、後味はしつこくなく、口の中にねっとりとした感じはありません。

生乳の味がしっかりあって、とにかくクリーミー

私のように、チーズが得意でない人でも、おいしく食べれそうな感じです。

まさに「まいうー」のひとこと。

個人的には、歴代トップ10に入る高評価なチーズです。

 

私は、そのまま食べましたが、パンやクラッカーにのせて食べてもおいしくたべれそうです。


ちょっとお高いチーズなので、なかなか食べることはできませんが、機会があれば、ぜひまた食べてみたいです^^

 

ココンってどんなチーズなの?普通のチーズと何が違うの?

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」は、日本では珍しいタイプのチーズです。

ココンは、牛乳を乳酸菌をつかって固める「酵母系熟成タイプのチーズ」です。

(一般的なチーズは、凝乳酵素(レンネット)を使って固めるそうです)

 

熟成具合によって味や食感が変わるチーズで、若いうちは、酸味があってフレッシュチーズのような味わいが楽しめます。

熟成がすすむと、酸味が減って、トロリとしてコクのある濃厚な味わいになります。

冷蔵庫から出しておけば熟成がすすんで、30分くらいでトロリチーズになります。

自分の好きな味や食感の熟成を見つけて、自分なりに楽しむことができるチーズです。

 

熟成のすすみ方で味や食感が変わるというのは、面白いですね。

アトリエ・ド・フロマージュの「ココン」は、日本では珍しいチーズです

アトリエ・ド・フロマージュの「ココン」は、日本では珍しいチーズです

 

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」の周りにつているのはカビじゃない

先ほどのココンの写真をよく見てください。

↓↓↓

ココンの周りについている白いものは、カビじゃない

ココンの周りについている白いものは、カビじゃない

周りに白いカビのようなものがついていますよね。

この白っぽいものは、実は、カビじゃなくて、酵母なんです。

 

酵母で牛乳を固めるチーズは、日本では珍しいそうです。

 

まとめ

アトリエ・ド・フロマージュのチーズ「ココン」は、チーズが苦手な私でもおいしく食べることができました。

「チーズといっても、いろいろなチーズがあるもんだなぁ」と、改めて思いました。

チーズ、奥が深いですね。