皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

【効果あります】寒い季節に眠れないとき、すぐに「ぐっすり寝る7つの方法」とは?

あなたは、『手足が冷えて、布団に入ってもすぐに眠れないから困っている。』と悩んでいませんか?

私(みか)も、寝つきが悪くて困っていた時期があったので、あなたの辛い気持ちがよく分かります。

寝つきが悪いと、朝起きられなかったり、疲れやすくなったり、不健康になったりしますから、何とか悩みを解決したいですよね。

そこで今日は、寒い季節に眠れないとき、すぐに「ぐっすり寝る7つの方法をご紹介させてください。

これからご紹介する方法を1つでも行えば、嘘のように寝つきが良くなりますよ♪

1.お風呂から出たら、すぐ布団の中に入る。

f:id:s-mika:20191114184357j:plain

ベッドで寝る女性の画像。

寝つきを良くするために、私(みか)が試して1番効果があったのが、「お風呂から出たら、すぐ布団の中に入る」です。

当たり前のことなんですけど、お風呂から出て体が温かいうちに、布団・ベッドに入ると手足が冷えないから、ぐっすり眠れますよ。

電気は消した方が、脳が『夜だ。』と認識するから、深い睡眠を得られます。

寝つきがいいと睡眠の質もよくなるので、朝もパッと目が覚めますよ。

目覚めがいいと、朝からシャキシャキ動けるので「お風呂から出たら、すぐ布団の中に入る」はオススメです♪

2.寝る前に「テレビ・スマホ・パソコン」を使わない。

f:id:s-mika:20191114184647j:plain

在宅ワークでスマホを使う女性の画像。

出来るだけ、寝る前にテレビ・スマホ・パソコンは使わない方がいいですよ。

私は、お風呂から出てスマホを使ったり、パソコンでブログを書いていたりした時期があったんですが、その日は何時間たっても眠れませんでした。

ネットで眠れない理由を調べてみたら、スマホやパソコンから出る「ブルーライト」が原因だったんですね。

ブルーライトは、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑えて寝つきを悪くします。

光から目と体をサイエンス|ブルーライト研究所

 

ブルーライトは、LED液晶画面から出てきます。

スマホ、パソコンだけでなく、テレビ、部屋、洗面台、トイレの明かり、車のライト、信号、街頭からも出ているんですね。

つまり、1日中私たちはブルーライトを浴びっぱなしの状態なんです。

健康、美容のために、寝る前だけでも、スマホ、パソコン、テレビの使用をやめれば、脳がリラックスして格段に寝つきが良くなりますよ。

3.布団、ベッドの中に「湯たんぽ」を入れる。

f:id:s-mika:20191114184902j:plain

皇美花が愛用している、湯たんぽの画像。

秋冬の寒い季節は、布団、ベッドの中に湯たんぽを入れると足元がポカポカして、眠りやすくなりますよ♪

カイロと比べて、湯たんぽは保温性が高いので、秋冬になると私(みか)はよく愛用しています。

カイロは、無くなったらお店に買いに行かないといけませんが、湯たんぽは1つあれば何度も使えるから、満足度が高いです。 

4.掛け布団の上に「毛布」を敷く。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、掛け布団の上に毛布を敷くと、熱が逃げにくくなります。

毛布を1番上に敷くと、布団に入っても、『あったか~い(*´▽`*)。』と思わず言ってしまうくらい、ポカポカのまま眠れますよ♪ 

5.日中、よく動く。(日光を浴びる)

f:id:s-mika:20191114185131j:plain

太陽の光の画像。

運動、家事、仕事など日中によく活動すると、日が沈んだ頃に眠くなってきます。

また、できるだけ日光を浴びる生活を続けると、体内時計がリセットされて、夜になるとメラトニンが分泌されますから、寝つきが良くなりますよ。

 

私が家に引きこもっていたときは、日光をほとんど浴びなかったので、夜型生活になっていました。

しかも、昼間あまり動いていなかったので、なかなか眠れなかったんですね。

この失敗を経験してから、日中は日光を浴びたり、よく活動するようになったりしました。

おかげで、夜はスヤスヤ眠れるようになったんです。 

すぐに試してみたくなる。自然の中を散歩する「素晴らしい4つの効果」とは?

 

よく活動したり、日光を浴びたりすることは、深い睡眠を得るのに欠かかせないと痛感するようになりました。

6.「締め付けない服装」で寝る。 

締め付けない服装で寝ることも、意外とぐっすり眠る効果がありますよ。

ゴムがきつかったり、体を締め付けたりするような服を着ていると、ストレスを感じて眠れないんですよね。

できるだけゆったりとした服装に変えたら、快適に眠れるようになりました(^-^)。

7.寝る前に「半身浴」をする。

寝る前、体を温めるために半身浴をするのも効果的です。

寒い季節にシャワーだけで済ませていたこともあったんですが、物凄く体が冷えてしまって、布団に入っても全然寝付けませんでした。

シャワーだけだと、体が温まるのに時間がかかって、夜中に何度もトイレに行くのでイライラします。

寝る前に半身浴をするようになってからは、全身の血の巡りが良くなって、すぐ眠れるようになりました。

半身浴は、リラックス効果や疲れをとるサポートをしてくれるから、やめられません。

まとめ

今日は、寒い季節に眠れないとき、すぐに「ぐっすり寝る7つの方法」をご紹介させていただきました。

1.お風呂から出たら、すぐ布団の中に入る。

2.寝る前に、テレビ・スマホ・パソコンを使わない。

3.布団、ベッドの中に湯たんぽを入れる。

4.掛け布団の上に「毛布」を敷く。

5.日中、よく動く。(日光を浴びる)

6.締め付けない服装で寝る。

7.寝る前に半身浴をする。

これらのなかで、どれが1番効果的ですか?と聞かれたら、迷わず私は「お風呂から出たら、すぐ布団の中に入る」をオススメします♪

でも、あなたの生活リズムがありますから、お好きな方法をお試しくださいね(^-^)。

あなたがぐっすり眠れて、悩みが解決できるお手伝いができたら嬉しいです♪ 

『皇美花(すめらぎ みか)』