皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

コンビニコーヒーは熱いうちに飲め。セブンイレブン、ローソン、ファミマを比較

最近は、セブンイレブン、ローソン、ファミマ(ファミリーマート)など、コンビニエンスストアで、1杯ごとに豆を挽いてくれるコーヒーを買うことができますね。

便利な世の中になったものです^^

 

コンビニのブレンドコーヒーの小さいサイズは、価格はどこも100円で、量も同じくらいです。

なんとなく、「味も似ているような気がする」というイメージを私は持っています。

そこで、セブンイレブン、ローソン、ファミマの大手3社のホットコーヒーを飲み比べてみました。

比較した結果と感想をお伝えしますね。

 

コンビニのホットコーヒーは、熱いうちに飲もう。冷めるとイマイチに

セブンイレブン、ローソン、ファミマのホットコーヒーを飲み比べて分かった結論は、

 

コンビニのホットコーヒーは、熱いうちに飲もう

冷めるくらいゆっくり飲む人は、アイスコーヒーを買おう

 

です。

 

理由は、どのコンビニのホットコーヒーも、冷めると味がイマイチになるからです。

雑味や酸味が出てきたり、ヌメッとした舌触りになるんですよね。

この後、ホットコーヒーの比較と、冷めたときの味についてお話ししますが、冷めたコーヒーは、どのコンビニもイマイチでした。

コンビニのコーヒーは、やっぱりコーヒーん質(高品質)じゃないってことなんでしょうね。(とうとつにダジャレを入れてみました(笑))

 

コンビニのホットコーヒーは、温かいうちに飲むことをオススメします。

コンビニのホットコーヒーは、熱いうちに飲むのがオススメ

コンビニのホットコーヒーは、熱いうちに飲むのがオススメ

セブンイレブン、ローソン、ファミマのホットコーヒーを比較

それでは、各コンビニのホットコーヒーの味や匂いなど、個人的な感想などをご紹介しますね。

 

セブンイレブンのホットコーヒー

セブンイレブンのホットコーヒーの詳細なデータは、このようになっています。

 

・名前:ホットコーヒー

・サイズ:RとLがあります

・価格:Rは100円、Lは150円(税込み、2019年4月25日現在の価格)

・セブンカフェいう名前で、コーヒーやカフェラテなどを販売しています

セブンイレブンのホットコーヒーは、適度な温度で、匂いは一番良い

セブンイレブンのホットコーヒーは、適度な温度で、匂いは一番良い

セブンイレブンのホットコーヒーは、(ローソンやファミマと比べて)温度が少し低めになっていて、カップを持っても熱くありません。

飲んでも「熱っ」とならない適度な温度になっています。

 

大手3社のコンビニのなかで、コーヒーのにおいは一番よいです。

 

酸味が少なく、苦みがメインですが、適度な苦みのあるコーヒーです。

舌に少し雑味が残る感じがしますが、後味は引きずりません。

ただ、ちょっと薄味です。

 

セブンイレブンのホットコーヒーは、大手3社のコンビニの中で、ゆいいつカップが白いです^^

 

ローソンのホットコーヒー

次は、ローソンのホットコーヒーの評価です。

 

・名前:コーヒー

・サイズ:S、M、Lがあります

・価格:Sは100円、Mは150円、Lは180円(税込み、2019年4月25日現在の価格)

・マチカフェいう名前で、コーヒーやカフェラテ、抹茶ラテなどを販売しています

ローソンのホットコーヒーは、苦めの味

ローソンのホットコーヒーは、苦めの味

ローソンのホットコーヒーは、温度が高めです。(ファミマもですが)

カップを持つと、「熱っ」となるくらいなので、持ち方注意です。

 

少し焦げた(焼いた)ような匂いがするコーヒーで、ハッキリ言うと、あまりおいしそうな匂いではないと感じました。

 

味は酸味が少なくて、苦めです。

雑味が少なくて、セブンイレブンのコーヒーよりも味がクリアです。

 

ローソンは、カップの蓋(ふた)に優しさが詰まっている

ローソンのコーヒーの蓋(ふた)は、セブンイレブンやファミマにはない優しさがありました。

 

下の画像を見ていただくとわかるのですが、空気抜きの穴が上のほうについています。

なので、飲むときに、空気抜きの穴が鼻に当たらなくて、痛くないんです。

ローソンのコーヒーの蓋は、空気抜きの穴が上についている

ローソンのコーヒーの蓋は、空気抜きの穴が上についている

下の画像のように、セブンイレブンやファミマは、空気抜きの穴が真ん中についているので、飲むときに鼻の先にあたって痛いです。

セブンイレブンのコーヒーの蓋は、空気抜きの穴が真ん中についているから、鼻にあたって痛い

セブンイレブンのコーヒーの蓋は、空気抜きの穴が真ん中についているから、鼻にあたって痛い

ファミマのホットコーヒーの蓋も、空気抜きの穴が真ん中についているから、鼻の先あたって痛い

ファミマのホットコーヒーの蓋も、空気抜きの穴が真ん中についているから、鼻の先あたって痛い

 

ちょっとした心遣いですが、ローソンのホットコーヒーの蓋(ふた)は、親切なんです。

さりげない心遣いが、日本らしくて嬉しいですね^^
 

ファミマのホットコーヒー

最後に、ファミマのホットコーヒーの評価です。

 

・名前:ブレンド

・サイズ:S、M、Lがあります

・価格:Sは100円、Mは150円、Lは180円(税込み、2019年4月25日現在の価格)

・ファミマカフェいう名前で、コーヒーやカフェラテ、フラッペなどを販売しています

ファミマのホットコーヒーは、匂いがなく、酸味のあるコーヒー

ファミマのホットコーヒーは、匂いがなく、酸味のあるコーヒー

ファミマのホットコーヒーも、ローソンと同じように温度が高めです。

なので、カップを持つと少し熱いので注意です。

 

少し焦げたような薄い匂いがしますが、基本的には、匂いはあまりしません。

ローソンのコーヒーと同じような匂いがします。

 

少し酸味のあるコーヒーで、苦みは薄く、ちょっと薄味です。

セブンイレブンやローソンよりも酸味のあるコーヒーです。

後味が少し残ります。

 

大手3社のコンビニの中では、ゆいいつ酸味を感じるコーヒーでした。

コンビニの100円コーヒーは、それぞれ味や匂いに特徴があります

コンビニの100円コーヒーは、それぞれ味や匂いに特徴があります

冷えたホットコーヒーも比較しました【セブンイレブン、ローソン、ファミマ】

私は、「おいしいコーヒーは、冷めてもおいしい」という持論があります。

なので、大手3社のコーヒーを冷ましてからも飲んでみました。

 

セブンイレブンの冷めたホットコーヒー

セブンイレブンのホットコーヒーは、冷めると苦みが増し、雑味もでてきました。

しかも、飲んだ後も雑味が口の中に残って続きます。

 

冷めた後は、おいしいとは感じませんでした。

 

ローソンの冷めたホットコーヒー

ローソンのコーヒーも冷めた後は、いまいちでした。

 

冷めると苦みと酸味が出てきました。

雑味も増して、全体的に「ぬめっ」としてきます。

 

ぬめっとといっても、とろろのようにぬめぬめじゃないですよ(笑)

 

ファミマの冷めたホットコーヒー

ファミマの冷めたホットコーヒーは、3社のなかでは一番飲みやすかったです。(あまりおいしくはありませんが。)

 

冷めると雑味が出てきますが、薄味。

酸味はあまりないので、飲みやすいと感じました。

コンビニのホットコーヒーは、冷めるとイマイチな味に

コンビニのホットコーヒーは、冷めるとイマイチな味に

まとめ

コンビニのホットコーヒーは、温かいときはおいしいですが、冷めてくるとイマイチになります。

ホットコーヒーを買ったならば温かいうちに、飲むのに時間がかかる人はアイスコーヒーを買うとおいしく飲めると思います。

 

個人的には、以下のように買い分けるといいかなぁと感じました。

 

・セブンイレブン:買ってすぐに飲みやすい温度になっているので、すぐ飲む人向け

・ローソン:クリアな味のコーヒーを飲みたい人向け

・ファミマ:冷めたときに一番飲みやすかったので、ホットコーヒーを飲みたけれど、飲むのに時間がかかる人向け

 

「コンビニの100円コーヒー」でも、同時に飲んでみると味や匂いなどに大きく違いがあることが分かりました。

飲み分けてみると違いを感じて楽しいですね^^