皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

田舎への移住のすすめ。理由は、依存からの解放と食料確保

数年前に、田舎への移住(田舎暮らし)がブームとなりましたね。

ブームは去ってしまいましたが、田舎暮らしは快適。

私は今、プチ田舎くらいのところに住んでいますが、やっぱり生活しやすいです。

 

そこで本日は、『田舎への移住のすすめ。理由は、「依存からの解放」と「食料確保」』についてお話ししますね。

 

「田舎は自然豊かで、ストレスがないよ~」と安易な理由で、移住をすすめるわけじゃないですよ^^

ミニマリストらしい理由もしっかりありますよ。

田舎への移住のすすめの理由は、「依存からの解放」と「食料確保」

昨年、私は、政令指定都市から、地方(田舎)に引っ越しました。

 

何もないド田舎ではなくて、車で30~40分くらい走れば、大きなスーパーやユニクロがあるくらいの「街から離れたちょっと田舎」のところです。

(車で30分といっても、信号が少ないので、15km以上走るのですが(笑))

 

今のところに引っ越してからミニマリズムに目覚めて、自称ミニマリストになりました。

ミニマリストとしてプチ田舎に住んでみて、「田舎への移住」をすすめたくなりました。

 

理由は、

  • 依存からの解放(=幸せを見つけるきっかけに)
  • 食料確保

からです。

もう少し詳しく説明しますね。

「依存からの解放」と「食料確保」のために、田舎への移住を

「依存からの解放」と「食料確保」のために、田舎への移住を

依存からの解放(=幸せを見つけるきっかけに)

少し前の記事でお話しさせていただきましたが、お金や物などに依存していると、幸せになれないんですよね。

逆に、依存心がなくなれば、心が自由になる(=不安がなくなる)ので、幸せになれるきっかけになるんです。

 

※お金や物への依存の行きつく先は“不幸”です

ミニマリスト(ミニマリズム)の本質は自由。物が少ない人は誤解です

 

でも、都会にいると、「依存心を消す」ってかなり難しいですよね。

 

看板など広告はいたるところにありますし、すてきなカフェやお店もたくさん。

魅力的な娯楽も多いです。

 

誘惑がたくさんある状況で、「依存心をなくせ」といわれても、無理ですよね。

 

実際、私も政令指定都市に住んでいるときは、お金や物への依存心が強かったですし、買い物や外食にもたくさん行っていました。

 

田舎(地方)の方がお店や広告が少ないので、誘惑も少ないです。

誘惑が少ない田舎に引っ越してきて、私はお金や物への依存も減りました^^

 

ちなみに、地方の人の方がゆったり生活していると感じるので、ストレスも少ないです♪

 

※お金よりも、時間や家族を大切にする生活を

地方に引越して分かった「日本人は働き過ぎ」。お金より時間や家族。店が5時に閉まっても困らない

田舎は誘惑が少ないから、依存からの解放されやすい

田舎は誘惑が少ないから、依存からの解放されやすい

食料確保

実は今、食料輸出国で甚大な被害が起こっているのをご存知ですか?

  • フランス
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • イタリア
  • メキシコ
  • アルゼンチン

などの食料輸出大国が、干ばつや寒波、洪水などによって、深刻な農業被害が起こっているんです。

 

また、日本でも豚コレラが問題になっていますが、中国では豚に致命傷となる「アフリカ豚コレラ」が問題になっています。

アフリカ豚コレラにより、中国では、(中国国内の)3分の1の約2億頭の豚が被害を受ける可能性があるそうです。

 

さらに、中国やタイ、そして日本などアジア10か国で「ツマジロクサヨトウ」という害虫が急速に拡大しているんです。

 

ツマジロクサヨトウ」は、さまざまな農作物や植物に壊滅的な被害を与える蛾の幼虫です。

ツマジロクサヨトウ対策としては、殺虫剤か遺伝子組み換え食品にするしか対策がないそうです。

 

このように、2019年の農業は、世界的に危機的状況にあるんです。

 

今のところ、日本では食糧危機は感じませんが、今年の冬や来年以降に影響が出てくる可能性がありますよね。

 

で、食料不足や遺伝子組み換え食品の影響を真っ先に受けるのが、“都会”です。

地方は農家さんが多いので、食料の影響は遅いですが、都会は真っ先に影響を受けてしまいます。

 

食べ物がないと生きていけないので、食料確保のために、田舎への移住を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

食料危機は、都会から影響を受けます

食料危機は、都会から影響を受けます

いきなりド田舎に移住すると不便。段階を追って

私が住んでいるところは、お店がある方向と逆方向に車で走ると、もっと田舎になります。

 

お店や学校がないくらい田舎に、ぽつんと民家があるのを目にすることもあるんですね。

ですが、あまりに周りに何もないので、「どうやって、日用品とか手に入れているんだろう?」と疑問に思うこともあります。

 

さすがに、いきなりド田舎に移住するのは、不便すぎると思います。

もし、移住するなら、まずは、プチ田舎くらいのところにして、慣れてきたら本格的な田舎に移住するかどうかを検討してみては?と私は感じてます。

田舎に移住するときは、段階を追っての方がいい

田舎に移住するときは、段階を追っての方がいい

仕事はインターネットを利用してはいかが?

移住にあたり、大きな問題となるのが仕事ですよね。

仕事がないと、生活できないですもんね。

 

仕事は、インターネットを利用してみてはいかがでしょうか?

インターネットを利用して安定した生計を立てておけば、移住しても生活に困りませんよね。

 

「移住してから仕事を考える」では、あまりに無謀。

まずは、移住しても生活できるように、インターネットを利用した仕事をしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、私も、インターネットを利用した仕事をしているので、プチ田舎で住んでいても生活できています^^

田舎への移住にあたり、仕事はインターネットを利用してみてはいかが?

田舎への移住にあたり、仕事はインターネットを利用してみてはいかが?

まとめ

田舎への移住は、

  • 物やお金への依存からの解放
  • 食料確保

に役に立ちます。

都会での生活に疲れた人は、移住を考えてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん田舎暮らしにもデメリットもありますが、その分、都会にはないメリットもたくさんありますよ^^