皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

私がミニマリストになりたいと強く思った2つのきっかけとは?

私は、ある2つの事がきっかけでミニマリストになりました。

今日は、私がミニマリストなりたいと強く思った2つのきっかけをお話したいと思います。

その2つのきっかけとは?

 1)「本当の幸せ」とは何かを知りたかったから。 

f:id:s-mika:20190819233453j:plain

ミニマリストになりたいと思ったのは、幸せになりたかったからでした。

1つめのきっかけは、本当の幸せとは何か知りたかったからです。

世の中の情報を見ていると、表面的だったり、人の関心をそらしたりするモノが多すぎて、何が真理なのか分かりませんでした。

また、過去の自分の人生を振り返ってみると、一瞬の楽しさは感じても、悩みや苦しみが全て無くなることはなかったんですね。

主人も年収が1000万円以上があっても、幸せにはなれませんでした。

「幸せ」とは?お金で買える物や経験では満たされないし、幸福になれない

むしろ年齢を重ねるほど、苦労が増えるし、人生の虚しさも増し加わっていった気がします。

そこで、ミニマリズムを通して「本当の幸せ」を知ろうと思いました。

私の場合は、聖書の中に自分が探していた幸せの答えがありました。また、聖書は私に真の愛も教えてくれたんです。

聖書を何度も読んで、私は今まで違う道を歩んでいたんだと、非常に後悔しました。

幸せの考え方は人それぞれなので、聖書を読んでくださいと押し付ける気持ちはありません。

ただ、聖書を全て読むと、人生感が180度変わるのは確かです。 

2)「自分」を変えたかったから。

f:id:s-mika:20190819234006j:plain

自分を変えたいと強く思ったのも、ミニマリストになるきっかけになりました。

2つ目のきっかけは、「自分」を変えたかったからです。

私は、お寺の娘として生まれましたが、全く幸せではありませんでした。

両親はいつも互いを罵り合い、弟がニートになり、私は10年以上も彼に暴力を受けていました。一言で言うなら「地獄絵図」だったんです。

当時は、どこにも居場所がなかったし、助けてくれる人もいなかったので、何で自分が生きているのか分かりませんでした。

その家庭環境が原因で後遺症が残り、今でも人付き合いは苦手です(;^ω^)。

主人と結婚してからも、フラッシュバック情緒不安定がしばらく続いて、喧嘩をすることもしばしば。

私は、どうやって人を愛せばいいのか分からなかったので、次第に生きる自信を失っていきました。

このままでは倒れてしまう。何とかして今の自分を変えたい。

変わりたいと強く思うようになってから、ミニマリズムを知りました。

自分なりに追求していって、やっと幸せに至る道を少しずつ歩めるようになったんですね。本当に辛く長い道のりでした。

今では、フラッシュバックや情緒不安定が治まり、両親や弟も許せるようになりました。

主人との生活も、結婚した当初より今の方が穏やかです。主人にはたくさん迷惑をかけました。

ミニマリズムを知らなければ、私は今でも出口のない暗闇の中をさまよっていたかもしれません。

まとめ

今日は、私がミニマリストになりたいと強く思った2つのきっかけについてお話させていただきました。

出口がないトンネルの中にいても、ずっと真っ暗な道を走り続けるわけではないと、自分の人生を通して学びました。

人生に希望が持てないときも、救いはあります。

今日の記事が、生きることが辛いと感じているあなたのお役に立てたら嬉しいです。

『皇美花(すめらぎ みか)』