皇すぴおブログ

都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプルライフ。荷物をため込む癖があるので、断捨離をして、プチミニマリストを目指しています。ときどき、おうちごはんを紹介。ブログタイトルを「二人暮らしno快適シンプルライフ」から『皇すぴおブログ』に変更。

スマホなし生活を3日やってみた感想。メリットがすごすぎ

今やなくてはならないスマートフォン(スマホ)。

2019年5月発表のデータでは、保有率は82.2%と、10人中8人はスマホを持っている状況です。

 

持っているといろいろできて便利なスマホですが、あえて3日間のなし生活をしてみました。

 

たった3日間ですが、スマホなし生活をしてみると、思いもよらない生活の変化や、心の変化があったんです。

そこで、『スマホなし生活を3日間やってみて分かったこと』についてお伝えしますね。

スマホなし生活を3日間やってみて分かったことは、“心の自由感”がすごい

スマホなし生活をしてみた理由は、「何となくやってみよう」からです(笑)

(正確には、3日間、スマホの電源を切った状態にしました)

 

3日間スマホなし生活をして分かったことは、心の解放感、心の自由感がすごいことです。

 

私は、束縛されることが苦手なんですね。

 

スマートフォンって、電話やメール、LINEなどのメッセージなどがくると、(できるだけ早く)「返さないといけない」と思ってしまいます。

常に見えない相手に束縛されているような感じを受けるんです。

 

ですが、スマホなし生活をしてみたら、束縛から解放されて自由になった感じがするんです。

電話もメールもメッセージも来ないですし、「返事をしなきゃ」という感覚もありません。

 

ひとこといえば、「解放されて身軽になった」です。

心に羽が生えて、軽くなった感じです。

 

スマホがなくて不便を感じることもありましたが、ないメリットの方が圧倒的に大きいと感じました^^

(スマホなし生活で感じたメリット・デメリットは、この後、詳しくお話ししますね)

スマホなし生活は、“心の自由”感がすごい

スマホなし生活は、“心の自由”感がすごい

音を鳴らないようにするよりも、効果大

私は、LINEやメールなどがきても、音が鳴らないようにしているんですね。

できるだけ音を鳴らないようにするだけでも、スマホが気にならなくなります。

ミニマリストの追及に邪魔なので、スマホの通知音をオフ。消した理由とは?

 

ですが、なし生活の方が、よりスマホが気にならなくなります。

なし生活3日目になると、スマホが全く気にならなくなったんです。

 

「このままずっと電源を切っておいてもいいなぁ」と思うくらいでした(笑)

スマホがなくても、代用品でなんとかなる

スマホがないといろいろと不便を感じましたが、ないならないで、なんとかなります。

代用品や代用方法があるので、「なくてやばいことになった」ということは一つもありませんでした。

 

というか、10年くらい前までは、スマホなしが当たり前でしたよね。

なくても生きて普通に生きていけるって、思い出すことができました(笑)

スマホがなくても、何とかなります

スマホがなくても、何とかなります

スマホの保有率、20歳代の女性はほぼ100%

ちなみに、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が、2019年5月23日に発表したデータによると、スマホの保有率は、82.2%だったそうです。

 

15歳~69歳を対象とした調査なので、全体で見ればもう少し保有率は下がります。

ですが、ほとんどの人が持っているといっていいくらいに、普及しているのが分かりますね。

 

ちなみに、男性も女性も、20歳代が一番スマホの保有率が高く、

  • 男性:92.2&
  • 女性:98.1%

と、ほぼ1人1台もっているくらいなんですよ。

20歳代の女性は、ほぼ100%スマホを持っている

20歳代の女性は、ほぼ100%スマホを持っている

普段の私の生活状況

それでは、3日間のスマホなし生活で感じたメリットやデメリットを詳しくお話ししますね。

 

その前に、私の生活状況をかんたんに。

  • 在宅ワーク(自営業)
  • 仕事の連絡は、PCメールがほとんど
  • スマートフォン(携帯電話)を持っている台数は1台のみ
  • 固定電話なし
  • パソコンあり
  • デジカメなし
  • 電車やバスにはめったに乗らない

 

このようになっています。

 

それでは、スマホなし生活のスタートです。

スマホ(iPhone)の電源ボタンを長押しして、

iPhoneの電源を長押しして、

iPhoneの電源を長押しして、

↓↓↓

スマホの電源を、

スマホの電源を、

スマホの電源を、

↓↓↓

切って、3日間過ごします。

切った状態で3日間過ごします

切った状態で3日間過ごします

1日目【スマホなし生活】

まずは、「スマホなし生活」1日目のメリットやデメリット、感想です。

良かったこと(メリット)

  • 朝寝坊して時間に余裕がなくなっても、イライラしなかった

 

私は、スマホ(iPhone)を目覚まし時計として使っているんですね。

 

スマホなし生活(電源を切っていた)なので、目覚まし時計をセットできませんでした。

結果、朝寝坊してしまいました(笑)

 

朝寝坊すると、その後、時間に追われるのでちょっとイライラしやすくなるんですよね。

ですが、スマホなし生活をしているときは、朝寝坊してもイライラしなかったんです。

 

(先にお話ししちゃうと、)3日間を通して、イライラすることが減りました。

スマホを持っていると、イライラしやすくなるのかもしれませんね。

悪かったこと(困ったこと)(デメリット)

  • 目覚まし時計をセットできなかったので、寝坊した
  • ブログの写真が撮れなかった
  • 電話ができないので、外部と連絡を取れない
  • スマホのカレンダーで予定を管理しているので、予定を忘れそうになった
  • (ご飯をつくるときに)レシピが見れなかった
  • 愛犬の写真が撮れなかった

 

すぴお家には固定電話がありません。

スマートフォンしか電話がないので、スマホなし生活の間は、外部と連絡を取れませんでした。

 

幸いにも、仕事はPCメールでやり取りするので、困ったことになりませんでしたが、電話ができないのは不便でした。

 

また、デジカメもなく、写真を撮るときはいつもスマホ(iPhone)を使っているんですね。

このブログ用の写真や、愛犬が可愛いポーズをしていても、写真が撮れなかったのも不便でした。

感想

スマホなし生活を始める前は、「スマホがなくて不安にならないかなぁ」と思っていました。

ですが、最初の数時間だけ不安になっただけで、後はまったく不安になりませんでした。

 

なくても意外と平気だったんです。

 

スマホがなくて困ったこともありましたが、代わりの方法で対応できました。

 

むしろ、スマホがないことで、「だらだらスマホを見る」時間がなくなって、有意義に時間を使えたんです。

 

今考えると、初日に感じた困ったことって、ガラケーでも対応できることなんですよね。

だらだらスマホ見る時間の損失を考えると、「ガラケーの方がいいのかも」と、ちょっと思いました。

スマホなし生活は、時間を有意義に使えました

スマホなし生活は、時間を有意義に使えました

2日目【スマホなし生活】

続いて、スマホなし生活2日目です。 

良かったこと(メリット)

  • 愛犬と接する時間が増えた
  • 妻と話をする時間が増えた
  • 仕事や料理を集中してできた
  • だらだらスマホを見ないので、時間をうまく使えた

 

スマホがあると、何となくニュースとか、ネットサーフィンとかをして、ムダに時間を使っちゃうんですよね。

ですが、スマホなし生活をすると、ダラダラ過ごす時間が減るので、時間を有効活用できたんです。

 

愛犬と接する時間も増えましたし、妻と話をする時間も増えました。

「スマホは、夫婦仲を冷めた物にしちゃうのかも」とちょっと感じました。

 

また、スマホがあると、何となく気になって集中できないときってありますよね。

 

スマホなし生活はスマホが気になるということがないので、仕事はもちろん、いろいろなことを集中できました。

「今は、集中したい!」というときはスマホの電源を切るといいと、実感できました^^

悪かったこと(困ったこと)(デメリット)

  • 買い物で妻と別々になったあと、探すのが大変だった
  • サッとメモができなくて不便だった
  • 1時間ごとの天気予報が見れなくて、不便だった

 

スマホなし生活でかなり不便だなぁと感じたのは、妻と連絡が取れなかったことです。

 

ちょっと建物が広いところに買い物に行って、別行動をしたんですね。

待ち合わせの場所と時間を決めておいたんですが、案の定、いない。

 

スマホや携帯電話があれば、電話で居場所を聞くことができますが、ないと連絡が取れません。

結局、15分くらい歩いて探し回ることになりました。

 

別行動しているときに、居場所をかんたんに確認できるというのは、スマホ(携帯)の大きなメリットの一つだと、改めて実感しました。

感想

スマホなし生活も2日目になると、「誰かから連絡こないかなぁ」など、不安や心配になることはありませんでした。

困ったこともちょくちょくありましたが、対応できたので全然大丈夫でした。

 

むしろ、スマホがないことによるメリット(妻と会話が増えた、束縛を感じないなど)の方を強く感じました。

 

スマホなし生活は、とっても精神的に楽です。

スマホなし生活で、愛犬と接する時間や妻と話をする時間が増えました

スマホなし生活で、愛犬と接する時間や妻と話をする時間が増えました

3日目【スマホなし生活】

スマホなし生活も3日目(最終日)になりました。

それではご覧ください^^

良かったこと(メリット)

  • 集中力がでてきた

 

3日目は、2日目よりも、より集中して仕事や作業ができました。

「スマホ」という集中力をそぐ物がなくなったから、集中できるようになったんでしょうね。

悪かったこと(困ったこと)(デメリット)

  • なし

 

3日目は、新たに困ったことは出てきませんでした。

1日目、2日目で、困ったことは出尽くしたという感じです。

感想

3日目になると、デメリットはほとんど感じませんでした。

 

「電話があっても気にしな~い」

「LINEがきてても、後から返せばいいや」

といった感じになりました。

 

しいて不便を感じたことといえば、1時間ごとの天気予報を見れなかったくらいです。(私は、天気予報を見るのが好きなんです(笑))

 PCで見ることもできますが、わざわざPCの電源をつけるのは面倒だったくらいです。

 

(2日目にも書きましたが、)むしろ、スマホがないことによるメリットの方が大きいです。

 

精神的に楽ですし、時間も有効活用できます。

集中力もでてきて、家族とコミュニケーションをとる時間も増えました。

 

今後は、仕事をするときや、集中したいときは、スマホの電源を切ろうと思いました^^

スマホなし生活で、仕事などを集中してできるようになりました

スマホなし生活で、仕事などを集中してできるようになりました

スマホじゃなくて、ガラケーでもOK

私は、スマホのライトユーザーです。

ヘビーユーザーじゃありません。

 

電話やメール、LINE、メッセージ(iPhoneのアプリ)、ネットサーフィンくらいしかしません。

 

私の使い方なら、ガラケー(昔の携帯電話)で十分だなぁと改めて思いました。

 

ガラケーにしたほうが束縛される感が少ないので、「換えてもいいかも」とちょっと思いました^^(換えませんが(笑)) 

スマホをやめて、ガラケーでもいいかもと思うくらい快適でした

スマホをやめて、ガラケーでもいいかもと思うくらい快適でした

まとめ

3日間のスマホなし生活は、初日の数時間は不安でしたが、そのあとは快適でした。

  • 精神的に楽
  • 時間も有効活用できる
  • 集中力もでてくる
  • 家族とコミュニケーションをとる時間も増える

などなど、メリットがたくさんありました。 

 

仕事でスマホを使う人は「なし生活」をすることはできません。

ですが、プライベートでしか使わない人は、「なし生活」をしてみると、精神的に楽ということを感じることができますよ。

 

私の感覚としては、「縛っていた鎖から解き放たれた」くらい自由になれた気がしました^^ 

 

生活を便利にしてくれるスマホですが、精神的には不便(束縛)にする道具なのかもしれませんね。