皇すぴおブログ

都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプルライフ。荷物をため込む癖があるので、断捨離をして、プチミニマリストを目指しています。ときどき、おうちごはんを紹介。ブログタイトルを「二人暮らしno快適シンプルライフ」から『皇すぴおブログ』に変更。

【片付け・収納】物の定位置を決める4のメリット。放置は年3万円の損

部屋にある持ちは、定位置を決めて管理したほうがメリットが多いです。 

 

「片付けをして、きっちり収納しても、すぐに部屋がぐちゃぐちゃになっちゃう。」ってことありますよね。

そんなあなたに一つ質問させてください。

部屋にある物の定位置を決めていますか?

 

物は定位置を決めて管理をしたほうがメリットが多いですし、部屋がぐちゃぐちゃになるのも予防できます。

しかも、定位置を決めてないと、年間で3万円も損することになるんですよ。

具体的に理由をお話ししますね。

部屋にある物の“定位置”が決まっていないと、年間3万円損します

「テレビのリモコンどこ行った?」

「スマホがない。どこに置いたっけ?電話かけて音を出して探そう」

「メガネ…、メガネ…。メガネがない…。あ、おでこにあった(笑)」

 

こんなことってありますよね。(メガネパターンはあんまりないですかね?(笑))

 

部屋のなかで物をなくす原因の多くは、使ったあとに適当に置くからです。

定位置を決めておいて、使ったあとは決まった位置に戻せば、なくすことはほとんどありませんよね。

ですが、定位置を決めずに、つかったあとにポイっと置くと、あとから「どこに置いたっけ?」となって探すはめになっちゃうというわけです。

 

ではここで、物の定位置が決まっていないことで発生する損失を見てみましょう。

定位置が決まっていないと、衝撃の損失があるのが分かっていただけますよ^^

 

仮に、リモコンが見つからなくて、探すのに5分かかったとします。

一方、定位置に戻すのに、15秒かかるとしますよね。

その差は4分45秒(285秒)です。

 

1日1回リモコンを探すとすると、1週間で33分15秒(285秒×7日=1995秒)も時間をムダにします。

1ヶ月では、2時間22分30秒(8850秒)もムダにします。

1年間だと、28時間53分45秒(104025秒)もムダにすることになるんです。

時給1,000円と考えると、1年で2万9,000円も損することになるんです(;^ω^)

 

2万9,000円といえば、うまい棒2,900本分。

5円チョコなら、5,800枚分です。

すごい損している気分になりますよね(笑)

 

今回の計算は、リモコン1つだけで考えましたが、スマホや車の鍵、家の鍵も探すとなると、2倍、3倍と損することになっちゃいます((((;゚Д゚))))

逆に考えれば、部屋にある物は、定位置を決めて探す手間をはぶけば、年間で数万円も得するんです^^

物の定位置が決まっていないと、年間3万円の損

物の定位置が決まっていないと、年間3万円の損

部屋にある物の“定位置”を決める4つのメリット

部屋にある持ち物の定位置を決めることは、時間とお金を損しない意外にも、4つのメリットがあります。

部屋が散らかりにくくなる

片付けても、きれいに収納しても、「すぐにぐちゃぐちゃになっちゃう」ってありますよね。

でも物の定位置を決めて、使った後は元の場所に戻せば、散らかることはありません。

 

「定位置を決めて、使ったら元の場所に戻す」

を繰り返せば、部屋は散らかりにくくなります♪

探す手間が省ける

持ち物の定位置が決まっていれば、探す手間や時間が省けますよね。

車の鍵は玄関の棚の上、スマホは机の上など決まっているので、探さなくても見つけることができます。

 

「どこにあったっけ?」と、イライラしながら探すのは嫌ですよね。

探す手間がないって、いいと思いませんか?

物の定位置が決まっていると、探す手間と時間が省ける

物の定位置が決まっていると、探す手間と時間が省ける

持っている物の量を把握しやすくなって、ムダ買いが減る

買ってきた物、使った物を定位置に戻せば(置けば)、どのくらいの量(ストック)を持っているか分かりやすくなります。

 

持っている量が分かれば、ムダ買いが減ります。

ムダ買いやストックのため過ぎは損なので、持っている量の把握は大切なんですよ^^

 

※ストックのし過ぎって、かなり損なんですよ。

↓↓↓

www.simple-s777.com

頭を休めながら行動できる

持ち物の定位置が決まっていると、頭を使わなくても行動できます。

アマゾンで買ったものを開けるために「カッターをとってくる」という行動も、ぼーっとしながらでもできますし、別のことを考えながらでもできます。

私の場合、別のことを考えて行動して、関係ない物を盛ってきちゃうこともありますが(笑)

 

一日中、頭を使い続けるのって疲れますよね。

ルーチンワークをするときは、できるだけ頭を休めながらやりたいですよね。

定位置を決めておけば、頭を休めながら行動できるので、疲労を軽減できますよ^^

物の定位置が決まっていれば、頭を休めながら行動できる

物の定位置が決まっていれば、頭を休めながら行動できる

持ち物の定位置が決まっていないと、他人にも迷惑をかける 

「棚にハサミがあったはずなのにない!おか~さ~ん、ハサミどこにある?」

 

こんなことってよくありますね。 

決まった位置にあったはずの物がないとイラっとしますよね。

私は、ちょっとイラっといます(笑)

 

自分だけで生活していて、自分だけが困るだけならまだいいのです。

ですが、夫婦や家族で暮らしていると、定位置が決まっていないことで「あったはずのところに物がない→探す手間がでてくる」と、他人に迷惑をかけてしまいます。

百歩譲って家族ならいいですが、会社だと、他人に迷惑をかけさたうえに、自分の評価を下げてしまう結果にもなっちゃいます。

 

持ち物の定位置を決めることは、自分にも他人にもメリット多いんです。

定位置が決まってないと、他人にも迷惑がかかる

定位置が決まってないと、他人にも迷惑がかかる

まとめ

部屋にある持ち物は、定位置を決めて管理したほうがメリットが多いです。

最初は、定位置を決めなくちゃいけないので、ちょっと面倒ですが、決めてもとに戻す癖がつけば、絶対に決めたほうが楽です。

「物をよくなくす」

「片付けして収納しても、すぐに部屋がぐちゃぐちゃになっちゃう」

という方は、定位置を決めてみてはいかがでしょうか。

探す手間がなくて、頭を使わなくても行動できるというのは楽ですよ^^