皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ニトリの蓋もOK!お風呂の蓋(ふた)をカビにくくする無料の対策法

お風呂の蓋(ふた)や、浴槽(よくそう)をあらう掃除用スポンジってカビやすいですよね。

カビキラーできれいに落としても、またすぐにカビてしまいます。

 

「カビは汚いし、体にも悪そうだから、どうにかしたい」

 

いつも、お風呂の蓋(ふた)などのカビを、どうにかしたいと思っていました。

 

ある日、犬の散歩をしていたときに、ふと目を横にそらしたら、お風呂の蓋(ふた)をカビさせないとっておきの方法を行っていたお宅があったんです。

「この方法があったのか~。賢い人だなぁ」と、カミナリが落ちたあとに、頭をハンマーでガツガツ殴られるくらいの衝撃を受けました。

 

私も、この方法を真似してみたところ、お風呂の蓋(ふた)や、浴槽(よくそう)をあらう掃除用スポンジは、格段にカビにくくなりました。

お風呂の蓋(ふた)や掃除用スポンジのカビに悩んでいる方のために、この方法をご紹介しますね。

 

【無料でできる】お風呂の蓋(ふた)や掃除用スポンジをカビさせない方法

お風呂の蓋(ふた)や、浴槽(よくそう)の掃除用スポンジって、すぐにカビてしまいますよね。

「抗菌、抗カビ」と書かれていても、すぐにカビてしまいます。

 

特にアパートやマンションだと、お風呂場に窓がないところも多いので、もっとカビやすいですよね。

 私もアパート暮らしでお風呂場に窓がないので、これから紹介する方法を実践するまでは、お風呂の蓋や掃除用スポンジは、すぐにカビてしまいました。

 

近視で、視力は0.05しかないので、(裸眼でお風呂に入ると、)幸いながらカビていても気にはなりませんでした。(気にならないだけなんですけどね)

が、メガネをかけて蓋を見たときは、「うわぁ……、ひどい」となったことも多かったです。

 「お風呂場に、カビの主でも住んでるんじゃないの?」なんて思うくらい、「カビに対して過敏症」というくらい、気になっていました。

 

と、前置きが長くなってしまって、申し訳ありませんです。

それでは、カビ難くする方法を紹介しますね。

 

お風呂の蓋(ふた)や浴槽の掃除用スポンジをカビさせない、無料でできる方法は、

 

外に干す

 

です。

たったこれだけです。

期待させてごめんなさい。(怒らないでくださいね)

 

でも、私には、お風呂の蓋(ふた)を外に干すという発想が、頭から完全に抜け落ちて

道路に落ちてどこかに行ってしまっていたので、外に干しているお家を見たときは衝撃的でした。

犬の散歩から帰ったらすぐに、「今日、超頭がいいお家があったよ!」と妻に話してしまったくらいです。

 

アパートやマンションならベランダに干す、一軒家なら庭などに干すだけで、かなりカビにくくなります。

ちょっとしたコツとしては、「日当たりの良いところ」に「毎日」干すと、さらにカビが生えにくくなりますよ。

 

外に干す前までは、こまめに歯ブラシでこすったり、カビキラーでカビ落としをしていました。

ですが、外に干すようになってからは、格段にお風呂の蓋(ふた)を掃除することが減ったんです。

 

・お風呂の蓋(ふた)

・掃除用スポンジ

・バスチェア(お風呂のいす)

・風呂おけ

 

このような干せるものは、外に干してカビを予防してくださいね。

お風呂の蓋(ふた)などをカビにくくする方法は、「外に干す」

お風呂の蓋(ふた)などをカビにくくする方法は、「外に干す」

 

お風呂の蓋を外に干せば、浴室もカビにくくなる

お風呂の蓋(ふた)などを外に干すことで、もうひとつ嬉しい効果がありました。

それは、浴室もカビにくくなったことです。

 

湿ったお風呂の蓋やスポンジなどが浴槽にあると、浴槽はず~っと湿っぽい状態になりますよね。

湿っぽいと、カビが生えやすくなります。

カビさんは、湿気(湿度70%以上)と、暖かいところ(20~40℃)、垢などの汚れが好きなので、浴室はカビの大好物なところです。

 

お風呂のスポンジなどを外に干すことで、浴室は乾燥しやすくなるので、カビにくくなったというわけなんです。(もちろん、換気扇も回していますよ)

 

お風呂のカビは、「マンション投資の営業の迷惑電話」のようにしつこくて、うざったいですよね。

蓋やスポンジを干すことで、しつこい浴室カビが生えにくくなったと知ったときは、解放されたような気分で嬉しかったです^^

 

「お風呂の蓋を外に干す」を教えてくださった?お宅には、菓子折りをもってお礼に行かないといけないですね(笑)

お風呂の蓋(ふた)を外に干すと、浴室もカビにくくなります

お風呂の蓋(ふた)を外に干すと、浴室もカビにくくなります

 

ニトリで買った、安いお風呂の蓋(ふた)ですが全然カビなくなりました

私の家で使っているお風呂の蓋(ふた)は、ニトリで買った安いものです。

バスチェアーも、もちろんニトリです。(ニトリばっかりだなぁ(笑))

 

掃除用スポンジは、ホームセンターで買ったような記憶があります。

 

どれも安いもので、「抗菌、抗カビ」と書いてあったかわからないレベルですが、外に干すだけでカビにくくなったので、

 

「お風呂の蓋(ふた)とかのカビが嫌」

 

という方は、ぜひ毎日外に干してみてください。

ニトリで買った安い蓋(ふた)も、外に干せばかびにくくなりました

ニトリで買った安い蓋(ふた)も、外に干せばかびにくくなりました

 

カビなくなったので、カビキラーの使用頻度が減って節約に

お風呂の蓋(ふた)や掃除用スポンジがかびにくくなったことで、カビキラーの使用回数が減りました。

使用回数が減るということは、「節約」になっているということです。

 

年間で数百円の節約かもしれませんが、ちりつも(ちりも積もれば)です。

 

これからもお風呂の蓋(ふた)などを外に干して、清潔な浴室と節約を行っていきます。 

カビキラーの使用回数が減って、節約にも

カビキラーの使用回数が減って、節約にも

 

【まとめ】お風呂の蓋(ふた)や掃除用スポンジは、外に干せばカビにくくなります

お風呂の蓋(ふた)や掃除用スポンジをカビにくくする方法は、「毎日外に干す」です。

たったこれだけですが、効果は絶大です。

太陽の光、紫外線ってすごいですね。