皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ミニマリストの長期停電対策。長い停電&断水を体験して分かったこと

皆様、先日の台風19号は大丈夫でしたか?

これ以上に被害が大きくならないこと、また、被災した方が1日でも早く普通の生活に戻られることを心から願っております。

 

そんな私も、過去に災害により長期停電にあったことがあります。

3日くらいでしたが、とてもつらかったことを今でも覚えています。

 

そこで、長い停電を経験して

  • ストレスだったこと
  • 役に立った物
  • 復旧後に、今後の対策として学んだこと

などについてお話しさせていただきますね。

 

台風は過ぎ去ってしまいましたが、今後のために参考になればと思います。

3日程度の(長期)停電でも、かなり辛かったです

私が長期停電を経験したのは、台風がきっかけでした。

台風がきっかけで、住んでいた街(政令指定都市)はもちろん、周辺の市町も数日間、停電しました。

 

電気が使えないのはもちろん、アパート住みだったので水道も止まりました。

さらに、暑い日だったのを覚えています。

 

これまでは台風で停電があってもすぐに復旧していたので、「まあ、すぐに復旧するだろう」と甘く見ていました。

甘く見ていたので、大した準備もしていなかったんです。

 

そしたらビックリ。

約3日間も停電したんです。(人生で初めての長期停電でした)

 

3日程度でしたが、ストレスもすごく、とても辛かったです。

特に、「復旧するのがいつか分からない」というのが辛かったです。

 

復旧したときは、宝くじが当たったかの如く、ハイテンションで妻と一緒に喜びました。

電気や水道のありがたみを実感した3日間でした。

3日間の停電&断水でも、かなり辛かったです

3日間の停電&断水でも、かなり辛かったです

ミニマリストの私が、過去の長期停電でストレスだったこと

3日間の長い停電で特にストレスだったのは、

  • トイレが流せない
  • 顔などが洗えない(お風呂に入れない)
  • 冷蔵庫の中身が心配だった

でした。 

トイレが流せない

すぴお家は、賃貸アパート住まいです。

アパートは、(建物によって)水道の水をポンプで引き上げているところがあります。

 

ポンプで引き上げている場合、停電するとポンプが動かなくなるので、水道も止まっちゃういます。

水道が止まると、トイレを流せなくなるんですよね。

 

お風呂に水をためて対応すればよかったのですが、私たちは甘く見ていたので、貯めておかなかったんです。

 

運よくホームセンターで簡易トイレを買うことができましたが、簡易トレイで3日間も過ごすのはストレスが半端なかったです。

トイレが流せないのは、すごいストレスでした

トイレが流せないのは、すごいストレスでした

顔などが洗えない(お風呂に入れない)

水道が止まったことで、顔も洗えませんでしたし、お風呂も入れませんでした。

もちろん、髪は寝癖が付いたまま(笑)

 

飲み水は持っていましたし、給水でウォータータンクに10L分の水もありました。

ですが、いつ復旧するか分からないので、顔を洗うなどには使わなかったんです。

 

顔が洗えず、寝癖も直せない。

お風呂にも入れないというのは、ストレスになりました。

 

特に、妻はストレスだったといっていました。

顔が洗えない、お風呂に入れないのもストレスでした

顔が洗えない、お風呂に入れないのもストレスでした

冷蔵庫・冷凍庫の中身が心配だった

今でこそ、冷蔵庫や冷凍庫の中は、できるだけ物を詰めないようにしています。

ですが、長期停電のときは、パンパンに入っていたんです。

 

冷蔵庫の中の物が腐ってしまわないか、冷凍庫の中の物がとけないか、ずっと心配でした。

結局、3日の停電で、すべてとけてしまいましたが(笑)

 

ちなみに、冷蔵庫や冷凍庫の物は、停電が復旧したあとに、お腹の様子を見ながら食べました^^

意外と食べても大丈夫でしたが、食中毒とか起こしてはいけないので、食べないほうが無難だと思います。

3日間の停電で冷蔵庫&冷凍庫の中がずっと心配でした

3日間の停電で冷蔵庫&冷凍庫の中がずっと心配でした

持っていて便利だった道具

辛い長期停電でしたが、持っていて便利な物もいくつかありました。

持っていて便利だった物をいくつか紹介しますね。

現金 

街中が停電ときは、クレジットカードや交通系ICカード、〇〇ペイは使えません。

物があっても、払えないので買い物ができなくなっちゃいます。

 

ですが、現金があれば、停電のときでも買い物ができました。

 

長い停電のときにホームセンターなどで買い物をしましたが、現金払いでした。

クレジットカードなどは、いざという時に使えない可能性があるので、現金を多めにもっていると便利です。

いざという時は、クレジットカードや〇〇ペイよりも現金が役に立つ

いざという時は、クレジットカードや〇〇ペイよりも現金が役に立つ

簡易トイレ・トイレシーツ

すぴお家が、長期停電したときは、簡易トイレとペット用トイレシーツが大活躍でした。

長い停電のときに大活躍だった簡易トイレ

長い停電のときに大活躍だった簡易トイレ

アパートだったので、水が出なくてトイレが流せませんでした。

 

トイレが流せなくても、出る物は出ますよね。

なので、簡易トイレを買ってきて、トイレにセットしていました。

 

ただ、簡易トイレを買ってきても、基本的に1~2回使ったら交換になります。

排せつをするたびに交換していたら、ぜんぜん枚数が足りません。

 

そこで、簡易トイレに犬用のトイレシーツを2~3枚入れて、複数回使用してから交換するようにしたら、3~4回は排せつできました。

もし簡易トイレがなくなってしまっても、ゴミ袋に2~3枚入れれば、自作で簡易トイレが作れるなぁと思いました。

 

簡易トイレや犬用のトイレシーツは、長期停電のときに大活躍しました。

犬用のトイレシーツも、長期停電で活躍しました

犬用のトイレシーツも、長期停電で活躍しました

ゴミ袋

簡易トイレを使った後は処分しますよね。

でも、ゴミの日までは捨てられません。 

 

そこで、2重のゴミ袋に入れてしっかり口を占めておけば、臭いはだいぶ軽減しました。

 

上でも書かせていただきましたが、トイレシーツと組み合わせれば、簡易トイレにもなりますよ^^

ソーラーパネル(ソーラーチャージャー)

私は、持ち運びができるソーラーパネル(ソーラーチャージャー)を防災用品として持っています。

↓↓↓

私が持っているソーラーパネル(ソーラーチャージャー)

私が持っているソーラーパネル(ソーラーチャージャー)

ひらくと、ソーラーパネルが出てきて、スマートフォンなどが充電できます。

↓↓↓

スマートフォンなどが充電できるソーラーチャージャー

スマートフォンなどが充電できるソーラーチャージャー

手回しタイプの充電器や小さなソーラーチャージャーもあります。

ですが、発電量が小さいので、スマートフォンがなかなか充電されないんですよね。

 

私が長期停電したときは、このソーラーパネル(ソーラーチャージャー)を使って、同時に2台のスマホを充電していました。

 

停電時だからこそ積極的に情報収集をしていたので、このソーラーパネル(ソーラーチャージャー)がなかったら、途中でスマホの電池は切れていたと思います。

LEDライト(LEDヘッドライト)

LEHライト(LEDヘッドライト)も、すごく活躍しました。

 

手持ちのタイプのLEDライトが多いですが、私は、頭につけることができるタイプを持っています。

しかも、充電できる&単4電池で使えるタイプです。

↓↓↓

長期停電で活躍したLEDライト(LEDヘッドライト)

長期停電で活躍したLEDライト(LEDヘッドライト)

10m以上先まで光が届く、高光度タイプです。

↓↓↓

10m以上先まで光が届く高光度タイプのLEDヘッドライト

10m以上先まで光が届く高光度タイプのLEDヘッドライト

災害時などは、両手が使えたほうが便利です。

私が経験した長期停電のときも、トイレのときは両手が使えたほうが便利でした。

 

なので、手で持つタイプよりも、頭につけられるタイプのほうが便利でした。

ウェットティッシュ

停電で水がでなくなると、トイレに行った後などに手が洗えませんでした。

とはいえ、手を洗わないのも気持ちが悪いですよね。

 

そこで、ウェットティッシュが大活躍です。

 

ウェットティッシュがあれば、手はもちろん、体も拭くことができます。

汚れてしまったところも拭けます。

 

どれだけあっても十分ということはないので、できるだけたくさん持っているといいですよ。

ウェットティッシュは、たくさん持っていたほうが便利です

ウェットティッシュは、たくさん持っていたほうが便利です

長期停電で実際に体験したこと

ここからは、長期停電で実際に体験したことを2つ紹介しますね。

停電でも、営業しているお店やショッピングモールもありました

すぴおが災害による長期停電を体験したとき、少し離れたところにあったショッピングモールやホームセンターは、比較的早く電気が復旧していました。

なので、ご飯は、ショッピングモールで買ったり、食べたりすることができました。

 

また、スーパー銭湯も停電3日目に復旧していたので、3日ぶりにお風呂に入ることができました。

 

たまたま早く復旧したのか、あえて早く復旧させたのかは分かりませんが、ショッピングモールなどが使えたのは便利でした。

 

ちなみに、スマートフォンでこまめに情報をチェックしていたので、営業しているお店を知ることができました。

停電からすぐに復旧して営業しているショッピングモールがありました

停電からすぐに復旧して営業しているショッピングモールがありました

大通り(片側2車線以上)を車で横切るのは大変

街中が停電すると、信号機も停電して使えなくなります。

 

信号が停電していても、順番に道を譲りあって車で走っていました。

「順番に道を譲りあう日本人はえらいなぁ」と感じました。

 

ただ、信号が停電している状態で片側2車線以上(両側4車線以上)の道を横切るのは、すっごく苦労しました。

 

片側2車線以上の交差点を横切るときは、一度、横切りたい交差点の前で(横切りたい)道に入り、(横切りたい交差点に来たら)右折(もしくは左折)したほうが安全だと感じました。

信号機が停電している片側2車線以上の交差点を横切るのは大変

信号機が停電している片側2車線以上の交差点を横切るのは大変

ミニマリストの長期停電で学んだこと&対策

最後に、実際に長期停電を経験して、学んだことや対策を紹介しますね。

アパート住みは、水の確保は重要【ミニマリストの長期停電対策1】

一軒家に住んでいるなら、停電しても水が出ることが多いです。

ですが、アパートやマンションだと、停電時には水がでなくなることがあります。

 

アパートやマンションに住んでいる人は、水がでなくなった時の対策として、飲み水はもちろん、トイレや顔を洗う水などの確保をしておいたほうがいいです。

たくさんの水を確保できない方は、水が止まった時にトイレをどうするかなどを考えておいてくださいね。

水の確保は大切です

水の確保は大切です

アパート住みの人は、停電時に水道が止まるかどうか確認しておこう【ミニマリストの長期停電対策2】

アパートやマンションは、停電のときは水道がでなくなる場合があります。

ですが、ポンプの仕組みによっては、停電でも水道がでるアパートもあります。

 

あらかじめ管理会社さんなどに「停電時に水はとまっちゃいますか?」と確認しておくといいですよ。 

停電したら冷蔵庫は開けない【ミニマリストの長期停電対策3】

停電したら、冷蔵庫(冷凍庫)は開けないほうがいいです。

停電しても、冷蔵を一切開けなければ、数時間~半日くらいは冷たいままを保てます。

 

夏場は1回開けるたびに冷蔵庫の温度は1℃上がるそうなので、停電したら冷蔵庫は開けないほうがいいです。

停電したら、冷蔵庫や冷凍庫は開けないほうがいいです

停電したら、冷蔵庫や冷凍庫は開けないほうがいいです

車のガソリンは、半分消費したら満タンに【ミニマリストの長期停電対策4】

停電時は、もちろん、災害時は車が役立ちます。

 

車中泊もできますし、遠くのほうに避難もできます。

EVやハイブリッドカーなら、家電製品を使える車もあります。

 

とはいえ、ガソリンがないと車は使えませんよね。

車のガソリンが半分になったら給油をして、できるだけ満タンに近い状態を保つほうがいざという時に安心です。

車のガソリンは、こまめに満タンにしておこう

車のガソリンは、こまめに満タンにしておこう

車でスマホや携帯を充電できるように準備を【ミニマリストの長期停電対策】

すぴおは、ソーラーパネル(ソーラーチャージャー)を持っていたので、長期の停電でもスマートフォンの充電に困りませんでした。

ですが、ホームセンターには、車で充電する機器(車用携帯充電器)を買っていく人がたくさんいました。

 

長期停電時など災害時は、情報が必要になってくるので、スマートフォンは必須です。

車でも充電できるように、車用携帯充電器を買っておくといいですよ。 

車載用携帯充電器は持っておくと便利です

車載用携帯充電器は持っておくと便利です

太陽光発電がある家は、非常用として役立つことも

私はアパート住みなので、(屋根の上に)太陽光発電はありませんが、姉の家にはあるんですね。

で、長期の停電のときに知ったのですが、太陽光発電には「自立運転」機能があって、停電時に電気が使えるんです。

(もちろん、太陽が出ているときだけですが)

 

しっかり晴れていれば冷蔵庫を動かせるくらいに発電するので、あらかじめ「自立運転」の使い方を知っておくといいですよ。

(冷蔵庫は起動時の数秒だけすごい電気を使います)

 

ちなみに、制御盤(パワーコンディショナー)から電源を取るようなので、延長コードも用意しておくと便利です。

太陽光発電が家にある場合は、停電時に電気が使える

太陽光発電が家にある場合は、停電時に電気が使える

まとめ

すぴおは、3日程度の停電&断水でも、とてつもないストレスを感じました。

とくに、トイレが流せないのは、予想以上にストレスだったのを覚えています。

 

災害時に、少しでもストレスなく生活できるように、平和なうちに準備をしておいてください。

 

9月の台風(台風15号)で被災した方々、10月の台風(台風19号)で被災した方々が、1日でも早く通常の生活に戻れるように願っています。