皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

炊飯器をついに処分。ご飯は圧力鍋で炊くことに【写真あり】

ご飯を炊く方法といえば、「炊飯器」が一般的ですよね。

これまで私も、炊飯器でご飯を炊いていました。

 

ですが、ついに炊飯器を処分。

お米は、圧力鍋で炊くことにしたんです。

 

そこで、「なぜ、炊飯器を処分したか?」、「実際に圧力鍋で炊いたご飯」などを紹介しますね。

炊飯器をついに処分しました。ご飯は圧力鍋で炊くことに

これまで、「ご飯は炊飯器で炊く」というのが当たり前だと私は思っていました。

そんな私が、ついに炊飯器を処分して、ご飯は圧力鍋で炊くことにしたんです。

 

処分した炊飯器は、こちらの象印製です^^

↓↓↓

こちらの炊飯器をついに処分しました

こちらの炊飯器をついに処分しました

 処分しようと思ったきかっけは、妻の一言です。

こちらの記事もお話ししさせていただきましたが、「ご飯は圧力鍋で炊いたほうがおいしいよ」といわれて、処分を検討し始めたんです。

 

※自分では必要と思っていても、他人から見たら「いらないんじゃないの?」と思う物ってありますよね

妻からみて「いらない」と思う、夫が捨てれない物5つ。写真(アイキャッチ)はシックスパッド

 

とはいっても、いきなり炊飯器を捨てることはできませんでした。

 

圧力鍋で炊いたことはありませんし、万が一、柔らかいご飯しか炊けなかったら、ご飯が食べられなくなっちゃいます。

(私は、柔らかいご飯が苦手なんです(;^ω^))

 

そこで、実際に圧力鍋で炊いてみたところ、私の好みの硬さにご飯を炊くことができました。

(実際に、圧力鍋で炊いたご飯は、この後、写真でお見せしますね^^)

 

上手に炊けると分かったので、炊飯器を処分したんです。

 

ちなみに、炊飯器は、買取店で売却して、売れたお金は全額募金しました^^

炊飯器を処分した理由は、フッ素加工

炊飯器を処分した理由は、お釜にフッ素加工がしてあったからです。

↓↓↓

炊飯器のお釜は、フッ素加工してありますよね。フッ素はさまざまな病気の原因になるそうです

炊飯器のお釜は、フッ素加工してありますよね。フッ素はさまざまな病気の原因になるそうです

虫歯予防で有名なフッ素ですが、実は、いろいろと体に悪影響があるそうです。

病気になるかもしれないなら、使わないほうがいいですよね。

 

 ※フッ素は、腎臓病やアルツハイマー病の原因にもなるそうです

10%に消費税増税される前に私と妻が欲しい物は?駆け込み需要に踊らされない

 

このように、フッ素加工してあるため、炊飯器を処分したんです。 

実際に圧力鍋で炊いたご飯を紹介

それでは、実際に圧力鍋で炊いたご飯をごらんください。

↓↓↓

圧力鍋で炊いたご飯

圧力鍋で炊いたご飯

しっかり炊けていますよね^^

ご飯が黄色っぽいのは、「胚芽米」だからです。

 

私は、細かいことは気が付かないので、ふっくら炊けているか、炊飯器よりも美味しいかは分かりませんが、普通においしく炊けました☆

 

圧力鍋なら加熱時間は短くて済むので、ガス代の節約にもなります^^

もちろん、炊飯器は使わないので、電気代の節約にもなります♪

 

ちなみに、妻のアドバイスで、お米や水を圧力鍋に入れる前に、(圧力鍋の内側の)まわりに油を塗りました。

油を塗らないと、炊いた後に、圧力鍋にご飯がくっついてしまうことになっちゃいます。

まとめ

 圧力鍋でご飯を上手に炊けたので、炊飯器は処分しました。

 

圧力鍋は、ご飯を炊く以外にもいろいろと使えるので便利です。

圧力鍋を持っていて、これから炊飯器を買う予定の人は、一度、圧力鍋でご飯を炊いてみてはいかがでしょうか。

 

私は気が付きませんでしたが、舌が敏感な人は、圧力鍋の方がご飯がおいしいと感じますよ^^