皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

衣替えをやめると快適な生活に!やめる簡単な工夫と5つのメリット

春や秋の季節が変わる時期の風物詩といえば、“衣替え”ですね。

 

気温の変化に合わせた服に変える衣替えを、今まで私も当たり前に行ってきました。

ですが、今年から衣替えはやめました!

 

やめた工夫簡単です。

そこで、『衣替えをやめる簡単な工夫』や『やめるメリット』についてお話ししますね。 

衣替えをやめるのって素敵!面倒な作業が1つ減りました

アラフォーの私(すぴお)は、約40年間、当たり前に衣替えをしてきました。

(赤ちゃんのときは、母親がやってくれていたはず(笑))

 

長年、衣替えをしてきましたが、はっきりいって“めんどう”ですよね。

何がめんどうかはわからないんですが、何となくめんどうです(笑)

 

もともと私(すぴお)は、めんどくさがりなので、余計にめんどうに感じます(笑)

 

しかも、春や秋って、急に暑い日がきたり、寒い日がきたりするんですよね。

せっかく衣替えをしても、

「今日は暑いのに、冬服しかない」

「急に寒くなったのに、Tシャツしかない」

なんてことなっちゃうときもあります(>_<)

 

そんな衣替えを、今年はついにやめました。

“やめた”といっても、冬服(夏服)を着ないってことじゃないですよ(笑)

服の入れ替えやめたんです。

 

衣替えをやめたら、とっても快適。

 

面倒な作業がなくなりましたし、急に寒い日(暑い日)がきても、まったく困りません。

「いままでなんでこんな無駄な作業をしていたんだろう」と思ったくらい、やめて正解でした(*´▽`*)

衣替えやめました

衣替えやめました

衣替えをやめる工夫は簡単。服の数を減らせばいい

衣替えをやめる工夫は、簡単です。

服の数を減らせばいいんです。

 

私(すぴお)は、衣装ケース1つに夏服、冬服、パンツ(ずぼん)が入っています。

まとめて入っているので、衣替えをする必要がないんです。

 

この写真に写っている服が、私が持っている夏服・冬服のすべてです。

↓↓↓

私が持っている夏&冬服は、衣装ケース1つ分

私が持っている夏&冬服は、衣装ケース1つ分

服の数が少なければ、衣替えをする必要なんてないんですよ♪

たくさん服を持っていても、着るのは数枚

「え?、服を減らせればいいのは分かるけど、かんたんにできない」

たしかに、おっしゃる通りですよね。

 

ですが、服を減らすのなんて、ただの作業です。

着ない服を処分すればいいだけです。 

 

「着るかも…」なんて気にしません。

今着なければ、将来も着ないです。

 

私も昔は、(夏冬合わせて、)上着(トップス)だけで衣装ケース2つ分くらい、パンツ(ズボン)で衣装ケース1つ分くらい持っていました。

 

でも、たくさん服を持っていても、私が着る服は3~4枚だけでした。

数枚の服を着まわしているだけなので、たくさん持っていてもスペースを無駄にしているだけと分かったんです。

 

そこで、必要のない服を処分。

衣装ケース1つまで減らしたことで、衣替えをする必要がなくなったんです。

 

たんたんと作業のように着ない服を捨てれば、数を減らすことができますよ(*^_^*)

 

服を処分した話はこちらの記事でさせていただきましたので、ぜひ一度お読みください。

 

※いらない服を捨てて、身も心もスッキリしました☆

服の片づけで収納ボックスが空に。やって分かった2つのコツ

 

ちなみに、上の記事(服を処分した記事)では、こんまりさんの「ときめき」で捨てる服を選びましたが、いまは「ときめき」はやめました。

 

理由は、「服や物への依存心がでるから」です。

しかも、ときめきってよくわからないんですよね(笑)

 

現在は、「今、必要か?」で捨てる、残すの判断をしています。

 

詳しくは、下の記事でお話ししていますので、興味のある方はお読みください。

 

※私的には、「ときめき」よりも「今必要か?」がオススメです☆

こんまり流の捨てる基準「ときめくか?」をやめた、たった1つの重大な理由

たくさん服を持っていても、着るのは数枚。だったら持ってる必要ないですよね

たくさん服を持っていても、着るのは数枚。だったら持ってる必要ないですよね

上着は4枚だけ

ちなみに私(すぴお)は、上着も4枚だけしか持っていません。

 

お出かけ用ダウンジャケット1枚、愛犬の散歩用ダウンジャケット1枚、秋用の上着1枚、冬服の上着1枚だけです。

スーツも喪服もないです。

 

4枚だけの上着をクローゼットに掛けてあるので、衣替えをする必要はありません。

4枚だけですが、困ることは1度もないですよ(*^_^*)

衣替えをやめる工夫は、一石五鳥だった

衣替えをやめる(いらない服を捨てる)のは、一石五鳥でした。

  • 衣替えというめんどうな作業がなくなった
  • 急に気温が変わっても困らない
  • 「衣替えをしなくちゃ」というストレスがなくなった
  • 服を管理するスペースが減って、自由に使えるスペースが増えた
  • 服を買わなくなったので、余分なお金を使わなくなった

 

こんなにたくさんのメリットがあるんですから、やらない理由はないですよね(*^_^*)

人は、思った以上にあなたのことを気にしてない

「いつも同じ服を着ていると他人に思われるのは嫌だから、服を減らせない」

このような方っていますよね。

 

昔の私もそうだったので、お気持ちよ~く分かります。

 

ですが、ハッキリいって、気にしすぎです。

 

あなたは、普段、合う人が毎日どのような服を着ているか覚えていますか?

スーパーやコンビニで合う人の服装を覚えていますか?

 

覚えていないですよね。

ということは、相手もあなたの服装を覚えていないということです。

 

覚えていないなら、気にする必要なんてないと思いませんか?

 

相手を不快にする服装は、相手に愛がありませんが、「清潔感がある服装なら、こだわらなくても(てきとうでも)大丈夫」と、最近、私は気が付きました(*^_^*)

清潔感がある服装なら、こだわらなくても、てきとうでも大丈夫

清潔感がある服装なら、こだわらなくても、てきとうでも大丈夫

まとめ

着ない服を処分して数を減らしたことで、衣替えをやめることができました。

めんどくさい衣替えがなくなったので快適ですし、急な気温の変化にも困らなくなりました。

 

少しの時間で終わる衣替えですが、やめたことで、「やらなくちゃ」というのがなくなったので、精神的なストレスも軽くなりました(*´▽`*)

 

衣替えをやめたい方は、服を減らすところから始めてみてはいかがでしょうか。