皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

何をやるかより、何をやめるかが大事。特に新しいことを始めるときは

新しいことを始めようと思っても、3日で終わってしまうことって多いですよね。

俗に言う「三日坊主」ですね(笑)

 

私も、続かないことは多々ありました。

 

続かない理由は様々ですが、最近、妻に言われた言葉にハッとしました。

その言葉とは、「新しいことを始めるときは、何をやるかよりも、何をやめるか(捨てるか)を考えたほうがいい」です。

 

「確かに!」と思わず納得したのを覚えています。

「何をやめるか」がなぜ大切なのか、詳しくお話ししますね。

何をやるかも大切ですが、何をやらないか(やめるか)も大事

妻に「何をやるかよりも、何をやらないかが大事でしょ」といわれて、心から納得したのを今でも覚えてます。

 

私は、これまでに

  • 大人になってからの英語の勉強
  • 毎日のストレッチ
  • 早起き

などなど、3日でやめてしまったことが多々ありました(笑)

 

3日でやめてしまう理由はいろいろありますが、大きな理由として、「時間がない」があります。

「時間がないから、続かなくてやめてしまう」パターンです(;^ω^)

 

今までの生活の中に新しいこと入れたら、時間が足りなくなるのは当たり前ですよね。

 

新しいことを始めるときは、「何かをやめる」ことが、続けるポイントのひとつです。

「何をやめるか」を考えないと、時間がパンパンになって、忙しくなるだけですですから。

 

何をやるかも大切ですが、「何をやめるか」も実は大切です^^

何をやるかも大切ですが、「何をやめるか」も実は大切

何をやるかも大切ですが、「何をやめるか」も実は大切

時間に余裕を作りたいときも、「何をやめるか?」を考えよう

「毎日、毎日、忙しくてもう嫌だ!」ってことありますよね。

家事や仕事をだけの毎日は、心も体も疲労がたまって、いつかは限界が来ます。

 

このように、忙しい毎日から逃れたいときも、「何をやめるか?」を考えるといいです。

  • 仕事のちょっとしたことをやめる
  • 残業を1時間減らす
  • 洗濯を2日に1回にする
  • 週に1回は、ご飯をかんたんにする
  • 家事のひとつを子供にやってもらって、自分は少し休む

など、なんでもよいです。

 

とにかく、いまやっていることのうち、1つでもいいのでやめて時間に余裕を作れば、休む時間が作れますからね^^

 

時間は有限で、24時間しかありません。

時間は誰にでも平等に24時間なので、休む時間を作りたいなら、「何かをやめる」しかないですよね。

 

私も、疲れたときは、ご飯を作るのをやめてお惣菜を買ったり、仕事の一部をやめたりして、休憩する時間を作っています^^

時間に余裕を作りたいときも、「何をやめるか」を考えてみよう

時間に余裕を作りたいときも、「何をやめるか」を考えてみよう

新しいことを始めるときは、ひとつやめる決断も

今まで続けてきたことをやめるのって、勇気がいりますよね。

「本当にやめて大丈夫かなぁ」と不安になっちゃいます。

 

でも、ひとつ新しいことを始めるなら、ひとつやめる決断を。

やめないと、私のように忙しくて続けられなくて、三日坊主になっちゃいます(;^ω^)

 

やめるのは勇気がいりますが、一歩踏み出して、「何をやらないか」を考えてくださいね。  

 

「これは大切だから、やめられない」と思っていることも、一度やめてみると、「やめても問題なかった」ということは多いんですよ。

「本当にやめて大丈夫?」と不安になることも、やめてみたら大丈夫ということは多い

「本当にやめて大丈夫?」と不安になることも、やめてみたら大丈夫ということは多い

完璧を目指さない、回数を減らすのもあり

やめたいけれど、やめれないこともありますよね。

そんなときは、「完璧を目指さない」「回数を減らす」という方法もあります。

 

完璧を“やめる”ですね。

 

なんでもかんでも完璧を目指してやっていたら、疲れてしまいますし、時間もかかっちゃいます。

 

100点満点じゃなくて、80点くらいを目指すだけでも、労力や時間は節約できます。

また、毎日、掃除機をかけていたとしたら、2日で1回にしてもいいかもですね。 

100満点じゃなくて、80点を目指してみるのもあり

100満点じゃなくて、80点を目指してみるのもあり

日常生活から、やめたいことをリストアップしてみる

「何をやらないか?(やめるか?)」を考えることは大切です。

でも、何をやめるかを決めるのって、実は難しいんですよね。

 

そんなときは、まずは日常生活からやめたことをリストアップしてみるといいです。

 

例えば、こんな感じです。

  • だらだらテレビを見ている時間をやめる
  • スマホを見ている時間を30分減らす
  • 食べ過ぎ、飲みすぎ
  • 食器をシンクにためること
  • SNS依存
  • 汚い部屋
  • 毎日のムダな残業
  • 仕事とお金のために生きる人生

などなど

 

リストアップしてみましょう。

まずは、やめたいことをリスアップしてみよう

まずは、やめたいことをリスアップしてみよう

リストアップしたら、どのくらい時間が費やされているかみてみる

やめたいことをリストアップしてみたら、実際にどのくらい時間がかかっているか見てみます。

 

例えば、以下のような感じです。

  • 睡眠:7時間
  • 仕事:9時間(8時間+間の休憩1時間)
  • 残業:2時間
  • 通勤:1時間(片道30分) 
  • お風呂:30分
  • ご飯を食べる:1時間(朝30分、夜30分)
  • ご飯の準備:1.5時間(朝30分、夜1時間)
  • 仕事に行く準備:30分
  • 残った家事:30分
  • 休憩:1時間(テレビやスマホを見る)

この中で、思った以上に時間がかかっていることや、やめれそうなことを見つけます。

 

残業を1時間に減らせば、1時間の余裕時間が生まれますよね。

また、通勤時間を片道20分にできれば、1日あたり20分も時間を作ることができますね。

どのくらい時間が費やされているかハッキリさせます

どのくらい時間が費やされているかハッキリさせます

やめる方法を考える 

リストアップして、どのくらい時間が費やされているか分かったら、「やめる方法」を考えます。

 

たとえば、

  • SNS依存⇒ SNSをスマホから消す。アカウントも消す
  • だらだらテレビ⇒ テレビを処分する
  • ダラダラスマホ⇒ 使っていないときは電源を消す
  • 残業⇒ 余分な仕事がないか見直してみる

などです。

 

見つけられたら、実際にやめてみてはいかがでしょうか。

やめる方法を考えてみて、やめてみる

やめる方法を考えてみて、やめてみる

実際に私がやめたこと

私はこれまでに、いろいろなことをやめてきました。

 

昔はだらだらテレビを見ている時間が多かったですし、最近は、スマホを見ている時間も多かったです。

今は、テレビは捨てて、スマホもアプリを消して、ダラダラする時間をやめました。

 

実際にやめたときの話は、こちらで詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

 

※時間を奪う系のスマホのアプリを消すと、時間が生まれます

スマホ(iPhone)のアプリを削除して整理。時間を奪う系を中心に消しました

 

※テレビは、捨てたほうが有意義な人生になりました

テレビなし生活を8年続けた感想と11メリット。デメリットはなし

 

また、何十年もやってきたスキンケアもやめました。

スキンケアをやめた話は、こちらでさせていただきましたので、よろしければどうぞ。

 

※スキンケアをやめて分かったことは、「スキンケアは意味がないかも」です

ミニマリストが1週間スキンケアを全てやめたら、驚きの結果に

 

テレビやスマホ、スキンケアなどをやめたら、時間に余裕ができたことはもちろん、思わぬメリットもたくさんありました。

 

やめることは勇気が必要ですが、「生活を変えたい」「新しいことを始めたい」なら、やめるのは大切ですよ^^ 

生活を変えたい、新しいことを始めたいなら、やめることが大切です

生活を変えたい、新しいことを始めたいなら、やめることが大切です

まとめ

「何をやるか」よりも「何をやめるか」(捨てるか)を考えることはとても大切です。

 

人は、困ったことや成長したいと思ったときは、つい「何かを始める」ことばかり考えますよね。

地方自治体が、地域を活性化させたいと思ったときも同じですね(笑)

 

でも、時間は24時間で有限ですし、労力も大きくは変わりません。

となったら、新しいことに使える時間をつくるために、「何をやめるか」を考えるのは重要になってくるんですよね。

 

「時間を作りたい」「成長したい」「新しいことを始めたい」と考えている人は、やめることから始めてみていかがでしょうか。