皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

旬の食べ物を食べることは3つのお得がある。旬を食べる理由とは?

旬の食べ物っておいしいですよね。

 

・春にはキャベツやしいたけ、玉ねぎ

・夏はシソやアユ、アジが

・秋はクリやサンマ、サケ、

・冬はサツマイモやダイコン、ミカン

など、季節や月ごとにおいしい旬の食べ物があります。

 

大きなスーパーに行けば季節を問わずに同じような食べ物を買うことができますが、私は、旬の食べ物をできるだけ買って食べるようにしています。

理由は、「そのときに必要な栄養が入っている」「節約」からです。

詳しくお伝えしますね。

 

【旬を食べる理由】旬の食べ物は、その時期に必要な栄養がたっぷり

今の時代、技術の進歩や輸入により、季節を問わずいろいろな食べ物を買うことができますね。

旬の食べ物はもちろん、1年を通して売られている野菜や果物、魚などもあります。

旬を気にする前は、季節をとわず“じゃがいも”“たまねぎ”“にんじん”の三点セットを買い続けていました(笑)

 

けれど、最近は、できる限り旬を意識して食べ物を買うようにしています。

30台前半のときまでは、「ラーメン+ライス」や「カレー」が大好きで、栄養なんて気にしていませんでしたが、最近は妻の影響で栄養バランスを考えています^^

 

旬の食べ物は、「味が濃くておいしい」ということはもちろん理由のひとつです。

けれど、味以外にも、「旬はその時期に必要な栄養が入っているから」という理由もあるんです。

 

夏の旬の食べ物といえば、

・きゅうり

・トマト

・スイカ

・ナス

などがありますよね。

夏の食べ物は、水分や酸味があって、体を冷やして整えてくれます。

暑い夏にピッタリなんです。

 

秋の旬の食べ物といえば、

・いわし

・さば

・くり

などがありますね。

秋の魚は、良質な油(DHA:ドコサヘキサエン酸、EPA:エイコサペンタエン酸)を多く含んでいて、これからやってくる寒い冬に耐えれる体を作ることができます。

また、キノコなどはビタミンB群を多く含んでいるので、夏バテ解消にも効果があるそうです。

 

そして、冬の食材(ごぼう、にんじん、れんこんなど)は、水分が少なくてビタミンCやビタミンEが豊富。

体を温めてくれるので、寒い冬に最適なんです。

ビタミンCは、体の抵抗力を高めてくれるので、風邪などのウイルスに負けない体を作ることができます。

 

旬の食べ物を食べることで、その時期に必要な栄養を取ることができて、「免疫力を高める」「抵抗力をつける」「体を整える」ということができます。

ただおいしいだけじゃなくて、体にも良いというメリットがあるんです。

旬の食べ物、すごいですね^^

旬の食べ物は、その時期に必要な栄養がたっぷり

旬の食べ物は、その時期に必要な栄養がたっぷり

 

旬の食べ物は、なぜ栄養価が高いの?その理由とは? 

旬の食べ物は、栄養化も高いです。

どのくらい高いかというと、以下のように何倍も違います。

【トマト:夏野菜】

・旬のとき(夏)のトマトは、旬でないときと比べて、βカロチンが約2倍多い

 

【ほうれん草:冬野菜】

・12月(旬)のほうれん草は、9月(旬じゃないとき)のほうれん草と比べてビタミンCが約3~4倍多い

 

凄い違いですよね。

例えるなら、旬の食べ物はちょうどよい濃さのコーヒーを飲む感じで、旬じゃない食べ物はうすいコーヒーを飲むような感じです(微妙にたとえが下手だなぁ(笑)) 

 

なぜ、旬の食べ物は栄養価が高いかというと、理由はさまざま。

 

たとえば、冬野菜のほうれん草の場合は、紫外線を浴びる量などが関係しているようです。

植物は、紫外線から自分を守るために、カロテンやポリフェノールなどの色素を蓄えて、酸化を防ぐためにビタミンを作ります。

夏は、水分を多く吸収するので成長が早くて、紫外線を短い時間しか浴びません。

一方、冬は、ジックリ紫外線を浴びることになるので、栄養豊富になるそうです。

 

魚の場合は、一般的に産卵をする直前が栄養価が高いです。

というのも、産卵で体力を使うため、エサをたくさん食べて栄養や脂肪分をため込んでいるからです。

 

改めて文字としてみてみると、自然の力というのは、すごいものがありますね。

旬の食べ物は、栄養価が高い

旬の食べ物は、栄養価が高い

 

旬の野菜や果物、魚を食べると、節約にもなる

旬の野菜やくだもの、魚などを食べることは、その時期に必要な栄養を取ることができます。

さらにこの不景気の時代に嬉しい効果もあります。

なんと、「節約」にもなるんです。

 

旬の食べ物は、「おいしい」「必要な栄養がとれる」「節約にもなる」と、一石三鳥です。

一石二鳥でもうれしいのに、三鳥もあるなんて、うれしすぎて涙が出てきますね^^

 

旬の食べ物は、その時期になると大量に収穫することができます。

たくさん収穫できれば、値段が安くなるのは必然です。

 

トマト(夏が旬)を例に見てみると、2014年の8月は1kgで527円でした。

旬が終わった10月になると、1kgで831円だったんです。

304円もの差が!

 

トマトだけならいいのですが、食事を作るときは、いろいろな食材を使いますよね。

旬の食べ物以外を使い続けると、積もり積もって、何千円、何万円と損をすることになるわけです。

恐ろしいですね(怖)

 

節約をしたい人は、旬の食べ物を食べるようにすると、お得ですよ^^

旬の食べ物を買って食べると、節約にもなります

旬の食べ物を買って食べると、節約にもなります

 

月ごとや、季節、今の旬の食べ物をかんたんに知る方法

「旬の食べ物が良いことは分かったけど、旬の食べ物なんてよくわからないよ」

 

このように思う人は多いですよね。

もちろん私も、どの季節、どの月ごとに旬の食べ物があるかなんて知りません。

そこで、旬の食べ物をかんたんに知ることができる方法を2つ紹介しますね。

 

ひとつは、こちらのサイトです。

旬の食材カレンダー

このサイトは、月ごとや、野菜、果物、魚など食材ごとに旬を知ることができるので便利です。

 

もう一つの方法が、道の駅や地元食材を売っているところに行くです。

道の駅や地元野菜直売所などは、地元の人が朝などに採れた野菜などを店頭で販売しています。

ということは、自然と旬のものを食べることができるというわけです。

www.simple-s777.com

 

どちらの方法も、覚えなくていいのでかんたんです。

物覚えの悪い私は、この2つの方法で、旬の食べ物を知っていますよ^^

旬の食べ物を知りたいなら、道の駅や地元野菜直売所へ

旬の食べ物を知りたいなら、道の駅や地元野菜直売所へ

 

まとめ

旬の食べ物を買って食べることは、お得がいっぱいです。

節約できて、栄養もたっぷり取れて、おいしいなんて最高ですね。

旬の食べ物を中心に買っていく生活、今後も続けたいと思います。