皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ミニマリストは調味料のストックどうしてる?困らないの?よく使う物8選

料理の「さしすせそ」といえば、調味料ですよね。(「さ」砂糖、「し」塩、「す」酢、「せ」しょうゆ、「そ」味噌)

ワサビやマヨネーズなども、美味しい食事には欠かせませんね。

 

そんな調味料に関して、ミニマリストを目指している人は、

「ミニマリストは、調味料のストックをどうしてるの?切らしてイラついたり、困ったりしないの?」

と不思議に思うそうです。

 

そこで、ミニマリストの私が、調味料のストックをどうしてるか?についてお話ししますね。

基本的に私は、「ある物で対応するスタンス」を取っています。

ミニマリストの私は、調味料を切らしても「ある物で対応」

食材の味だけでは物足りない食事も、塩などの調味料を入れれば、美味しい食事に早変わり。

美味しい食事を作るには、調味料は必須ですね。

 

最近になって料理をするようになりましたが、もともと私は、料理があまり好きではないんですね。

なので、使う調味料は少ないです。

たくさん揃えても、使わないで捨てることになりますし(笑)

 

料理に対するこだわりもあまりないので、仮に調味料を切らしても、「じゃあ、代わりにある物で対応しよう」となるんですね。

「今日は、味噌を使いたかったのに、切らしてた!イラつく‼」ということはないんです。

 

調味料にかかわらず、食材も「ある物で対応するスタンス」で料理を作ると困ることはすくないんですよ^^

調味料は、ある物で対応するので、切らしても困りません

調味料は、ある物で対応するので、切らしても困りません

ちなみに、私は料理がヘタクソです(笑)

ちなみですが、「ある物で対応するスタンス」と書くと、すごい料理が上手そうに見えますよね。

ですが、実は逆です。

 

下手で作るのも嫌いなので、“テキトウ”にしか作らないから、対応できているんです^^

このブログでも何度か手作りご飯を紹介していますが、失敗ばかりしているんですよ(笑)

 

蒸しパンを作ったときは、盛大に失敗しちゃいました^^

クックパッドのレシピを見て蒸しパン作ったら大失敗。学んだ2つのポイント

私は料理がヘタクソです(笑)

私は料理がヘタクソです(笑)

半分くらい使ったら、新しい調味料を買うようにしています

料理は「ある物で対応するスタンス」ですが、切らしてしまうよりはあったほうがいいですよね。

なので私は、半分くらい使ったら、新しい物を1つだけ買っておきます。

 

半分のタイミングなら、

・急いで買う必要がない。何かのついでに買ってくるくらいの時間的余裕がある

・ストックを買ってきても、長い間使わないということがない

からです。

半分くらい使ったら、調味料のストックを買いに行きます

半分くらい使ったら、調味料のストックを買いに行きます

ミニマリストの私がよく使う調味料8選

ミニマリストになって、持たない暮らしを始めてからは、使う調味料が減りました。

普段、私が使っている調味料は、以下の8つです。

 

・塩

・コショウ

・醤油

・味噌

・メープルシロップ

・マヨネーズ

・粉のダシ

・ごま油

 

もう少し詳しく説明しますね。

目玉焼きにかけたり、玉子焼きの隠し味にいれたり。

出番が多い調味料です。

 

使う調味料の種類は少ないですが、質にはこだわっているので、海水100%から作られた塩(海の精)を使っています。

塩はよく使います

塩はよく使います

コショウ

コショウの風味やピリ辛感っていいですよね。

目玉焼きには、塩+コショウがお気に入りです。

 

塩ほどの出番はありませんが、私には必要な調味料です。

 

アイハーブで、オーガニックコショウを買って使っています。

コショウも私には必要な調味料です

コショウも私には必要な調味料です

醤油

「発酵食品は、腸内環境にいい」ということから使っている調味料です。

 

ご飯を冷凍するときに、おにぎり型にしています。

解凍してたべるときに、焼きおぎにりにして食べるので醤油を使います。

 

住んでいるところの特産品の醤油を使っています。

「発酵調味料(食品)は腸内環境によい」ということから使っています

「発酵調味料(食品)は腸内環境によい」ということから使っています

味噌

日本人は、やっぱり味噌ですよね。

1日1杯みそ汁を飲むようにしているので、味噌は良く食べます^^

 

しょうゆと同じで、住んでいるところの特産品の味噌を使っています。

安いのに、美味しいんですよ。

日本人は、やっぱり味噌ですよね^^

日本人は、やっぱり味噌ですよね^^

メープルシロップ

このブログでひんぱんに出てくるメープルシロップです。

 

砂糖は健康に悪いので、摂取しないようにしています。

砂糖の代わりにメープルシロップを使っています。

 

米粉パンやクッキー作るときに入れたり、玉子焼きを作るときにも入れたりします。

 

※1回目は失敗しましたが、2回目はまあまあ上手くできました

炊飯器で100%グルテンフリーの米粉パンを製作。レシピと失敗&成功例を紹介

 

メープルシロップやはちみつは、「pure」か「純粋」と書いてない物は人工的に作られている可能性があります。

なので、メープルシロップは、「pure」か「純粋」と書いてある物を使っています。

砂糖の代わりにメープルシロップを使っています

砂糖の代わりにメープルシロップを使っています

マヨネーズ

私は、毎日サラダを食べるようにしてます。

 

塩、コショウ、オリーブオイルという食べ方が苦手。

ドレッシングは、砂糖入りばかり。

 

なので、マヨネーズ(松田のマヨネーズ)でサラダを食べています。

 

「松田のマヨネーズ」は、素材にこだわって作られていて、しかも砂糖不使用という素晴らしいマヨネーズなんです。

砂糖の代わりにオーガニックはちみつを使っているそうです。

粉のダシ

みそ汁を作るときに使います。

ダシを取るのは面倒なので、粉のダシで代用しています。

 

もちろん、ダシも質にこだわっていて、「イブシギンのしぜんだし」という物を使っています。

 

「イブシギンのしぜんだし」は、化学調味料や添加物は使っていません。

原材料は、鰹荒節(鹿児島県指宿産)と昆布(北海道道南産)だけなんです。

 

5ヵ月の赤ちゃんも食べることができるくらい安全なんですよ。

 

ちなみに、私はネットで購入していますが、「アカチャンホンポ」でも売っているようです。

マヨネーズ、おいしいですよね^^

マヨネーズ、おいしいですよね^^

ごま油

当ブログで何度も登場しているゴマ油。

私の家にはサラダ油とはなく、すべてゴマ油で対応してます。

 

サラダ油やキャノーラ油のような安い油は、“遺伝子組み換え”で作られていることが多いです。

安全を考えて、質の良いごま油を使っています。

使う油は、基本的にゴマ油です

使う油は、基本的にゴマ油です

調味料が少ないメリットとデメリット

使う調味料が少ないと、メリットとデメリットがあります。

どのようなメリットとデメリットがあるか紹介しますね。

調味料が少ないデメリット

まずは、デメリットから。

 

デメリットは、なんといっても「味が単調になる」です。

 

食材によって味は変わりますが、ベースとなる味(調味料)は少ないので、単調になるんですよね。

ときどき、「もうこの味に飽きた」となって、別の味を求めることもあります(笑)

調味料が少ないメリット

調味料が少ないメリットは、

料理の味付けがかんたん

たくさん買いそろえる必要がない

管理が楽

最後まで使いきれる

です。

 

数が少ないので、味付けもパパッとできちゃいます。

「味付けどうしよう」と迷うことがないんですよね。

 

また、数が少ないので、管理も楽ですし、あれも、これもと買いそろえる必要もありません。

決まった調味料を、量が少なくなったら買ってくるだけです。

 

調味料って、買っても使いきれずに捨てちゃうことって多いですよね。

昔の私は、しょっちゅうありました(笑)

 

調味料の数が少なくなってきてからは、使いきれなくて捨てるということがなくなりました。

使う物だけしか持っていないので、使い切ることができるようになったんです。

持っている調味料が少ないと、味が単調になりますが、管理がとっても楽です

持っている調味料が少ないと、味が単調になりますが、管理がとっても楽です

まとめ

ミニマリストの私は、調味料を切らしていても、怒ることはありません。

「ある物で対応」しちゃいます。

無ければ無いなりに作るといわけです。

 

ミニマリストの中には、調味料をたくさん持っている人もいますし、逆に私よりも少ない人もいます。

ミニマリストが持ってもいい調味料は〇個までと決まっているわけではないので、自由に持っていいんですよ。