皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

【手作りお菓子】ごまライスせんべいが、焼きおにぎりみたいでおいしかった

ごまの香ばしい香りと、パリパリとした食感がおいしいお菓子「ごませんべい」。

ときどき無性に食べたくなりますよね(笑)

 

スーパーで黒ごまを買ったところ、ごませんべい(セラミライスクラッカー)のレシピがあったので、実際に作ってみました。

ごませんべいを作ったはずなのに、“パリパリした焼きおにぎり”になってしまいましたがおいしくできました。

完成したごませんべいのお菓子とレシピを紹介しますね。

 

これまで、2回手作りお菓子を作って失敗している私(すぴお)ですが、ついにおいしく作ることができたのでご覧ください^^

 

ごませんべいの手作りお菓子が、パリパリの焼きおにぎりみたいでおいしかった

さっそく、完成したごませんべい(セサミライスクラッカー)をご覧ください。

手作りしている様子とレシピは、後ほど紹介しますね。

完成した手作りお菓子「ごませんべい」(セサミライスクラッカー)

完成した手作りお菓子「ごませんべい」(セサミライスクラッカー)

みため的はちょっと 「大丈夫か?」と不安になる感じですが、味はおいしかったです^^

 

完成したせんべいを口に持っていくと、ごまと醤油の香ばしいにおいがして、いい感じです。

焼くときにごま油を使ったので、すごくおいしそうな香りがしました。

 

口に入れると、ごまの風味と醤油の味が合わさって、なかなかのおいしさ。

思わず、「うん、おいしい!」と声がでるほどです。

材料はごまと醤油とお米なので、作るのが下手な私が作っても、まずくなる要素はありませんでした^^

 

レシピには、厚さ7mmで作ると書いてありましたが、パリパリ食感が好きなので5mmくらいにしてみました。

けれど、5mmもあると、“おせんべい”というよりも、“超薄いおにぎり”になるようです。

なので、完成したお菓子は、「ごませんべい」ではなくて、「薄いパリパリの焼きおにぎり」でした(笑)

 

おやつと考えると「う~ん」と思う人もでてきそうな感じですが、食事と考えると満足できるおいしさでした。

3回目にして初のお菓子作り成功です。

手作りしたごませんべいは、焼きおにぎりみたいでおいしかった

手作りしたごませんべいは、焼きおにぎりみたいでおいしかった

手作りお菓子「ごませんぜい」は、個人的には合格点

これまで私は、2回手作りおかしを失敗してきました。

1回目のクッキーは、カチカチに固くなった、ごま油のにおいがすごい、油っぽいという失敗でした。

↓↓↓

www.simple-s777.com

 

2回目に作った蒸しパンは、固まらなくて食べれないと、大失敗で終わりました。

↓↓↓

www.simple-s777.com

 

今回作ったごませんべい(セラミライスクラッカー)は、おいしく食べることができたので、これまでの2回と比較して(個人的には)大成功でした。

改善点はありますが、超甘く点数をつけると、85点を自分にあげたいです(笑)

ごませんべいは、個人的には合格点

ごませんべいは、個人的には合格点

ごませんべい(セサミライスクラッカー)のレシピと材料【手作りお菓子】

それでは、ごませんべい(セサミライスクラッカー)の材料とレシピを紹介しますね。

レッツクッキング‼

「テレッ テッテッテッテ、テレレッ テッテッテッテ、テレッテッテテ テテテテ、テッテッテ〜」(キューピー3分クッキングのノリで)

 

ごませんべいの材料

材料は、以下の4つだけです。

直径約5cmのごませんべいが、12枚くらい作ることができます。

 

・冷ご飯:200g

・しょうゆ:大さじ2

・白いりごま(もしくは、黒いりごま):大さじ2

・油:適量(焼くときに使います)

 

ちなみに濃い口しょうゆだと、ちょっと味が濃いかもしれないので、薄味が好きな人は醤油の分量を少し減らしてもいいかもです。

 

ごませんべいのレシピ(作る手順)

次に、レシピを紹介しますね。

 

1.冷ご飯200gを用意します。

冷ご飯200gを用意します

冷ご飯200gを用意します

2.冷ご飯200gに、ごま大さじ2杯と、しょうゆ大さじ2杯を加えます。

加えたら、混ぜ合わせます。

冷ご飯200gに、ごま大さじ2杯と、醤油大さじ2杯を加えます

冷ご飯200gに、ごま大さじ2杯と、醤油大さじ2杯を加えます

3.混ぜ合わせたら、すり鉢などに入れて、お米が半つぶしくらいになるように、つぶしながら練ります。

お米が半つぶしになるまで練ります

お米が半つぶしになるまで練ります

写真の絵が汚いですね(笑)

 

お米を潰すのはちょっと大変ですが、がんばって練ってください^^

(コークスクリューパンチのように)すりこぎ棒でねじるように押すと、ちょっと潰しやすかったです。

 

4.半つぶしまで練ったら、フライパンに油を多めに入れます

 

5.手を水で濡らして、練ったお米を直径5cm、厚さ7mmくらいに成形しフライパンに入れます。

7mmだと焼きおにぎりっぽくなるので、おせんべい感を出したい人は、もう少し薄くしてもいいかもです。

 

6.両面こんがりと焼きます。

 

7.こんがり焼けたら完成です。

完成したごませんべい(セサミライスクラッカー)

完成したごませんべい(セサミライスクラッカー)

私が作ったお菓子「ごませんべい」のレシピは、このようになっています。

材料が少なくて、作るのもかんたんなので、興味のある方は作ってみてくださいね。

 

まとめ

3回目にして、やっとお菓子作りが成功しました。

「三度目の正直」という言葉がありますが、ことわざの通りになりました。

 

私は、お菓子を作るときは、「おいしく作る」はもちろんですが、「楽しく作る」をモットーとしています。

なので、失敗しても、成功しても、作る作業は楽しいです^^

かんたんに作れるレシピを発見したら、また作ってみたいと思います。