皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ミニマリストが1週間スキンケアを全てやめたら、驚きの結果に

最近は、男でもスキンケアをする人が増えましたね。

何を隠そう、私も“スキンケア男子”でした。

 

長年、ライン使いでスキンケアをしてきましたが、ミニマリストらしく、実験的に1週間すべてをやめてみました。

やめた結果、「スキンケアの意味って…?」となったんです。

 

『一週間スキンケアやめたら、衝撃に結果に』についてお話ししますね。

20歳からスキンケアをしてきましたが、1週間やめてみました

私は男ですが、20歳からスキンケアをしてきました。

 

28歳くらいまでは、洗顔、化粧水、乳液を、大手化粧品のものを使ってきました。

アラサーになってから実験する前までは、

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液(保湿ゲル)

と、ライン使いしてきたんですね。

 

こちらが私が使ってきたスキンケア化粧品です。(洗顔は写っていませんが、同じメーカーの物をつかっていました)

↓↓↓

私が長年使ってきたスキンケア商品です

私が長年使ってきたスキンケア商品です

 約20年にわたってスキンケアを続けてきましたが、思い切って、やめてみました。

ミニマリストですからね(笑)

 

1週間やったことは、

  • 朝は、ぬるま湯で洗顔だけ
  • 夜は、市販の無添加せっけんで顔を洗うだけ
  • あとは放置

です。

 

やめて1週間たった結果は、なんと“変化なし”だったんです。

1週間、スキンケアを全てやめてみた結果、変化なしでした

1週間、スキンケアを全てやめてみた結果、変化なしでした

1週間スキンケアをやめた結果は、“変化なし”

スキンケアをやめて1週間たちましたが、結果は、“肌に変化はなし”だったんです。

 

もう一度書きますね。

“変化なし”だったんです。

 

変化なしってことは、“スキンケアは意味がなかった”ということでもありますよね。

私にとっては、衝撃の結果でした。

 

乾燥もありませんし、ニキビもできませんでした。

もちろん、肌荒れもありません。

 

お風呂上りは、少しだけ「肌が乾いてるなぁ」感がありましたが、30分~1時間もすれば、いつも通りに戻りました。

やめたタイミングが梅雨の時期で湿度が高かったからかもしれませんが、肌が乾燥しなかったのも驚きでした。

 

これまで、「化粧水や乳液などを使わないと肌が乾燥する」という無意識のイメージを持っていたんですね。

でも、1週間やめてみて、「スキンケアしなくても、別に大丈夫じゃん」と思うようになったんです。

スキンケアを全てやめても、肌に異常はまったくでませんでした

スキンケアを全てやめても、肌に異常はまったくでませんでした

「肌断食」というらしい

ちなみに、スキンケアをやめるのって、「肌断食」っていうみたいですね。

宇津木龍一さんという方が提唱する「宇津木式スキンケア」が有名なようです。

 

私は、この記事を書くにあたって、「肌断食」という言葉を知りました(笑)

 

ちなみに、「宇津木式スキンケア」は、

  • 化粧水や乳液(クリーム)などは一切付けない
  • 顔はぬるま湯(ぬるま湯より低い温度のお湯)で洗う
  • クレンジングは使わない
  • ファンデーションも使わない(使う場合は、パウダーファンデーションを使う)
  • 肌が乾燥するときは、白色のワセリンで保湿

という方法のようです。

スキンケアは、意味ないのかも

スキンケアを1週間やめて感じたことは、「スキンケアって意味があるのかなぁ」です。

むしろ、「スキンケアって、肌に悪いんじゃないの?」とも思いました。

 

1週間やめて変化がないってことは、スキンケアの意味がなかったということ。

意味がないなら、まだいいんです。

 

スキンケア化粧品って、なんらかの化学物質が入っていることが多いですよね。

また、肌に塗るときに、接触による刺激を与えることになります。

 

化学物質や刺激による“マイナス”と、スキンケアによる“プラス”が合わさると、「総合的にプラスになるのか?マイナスになるのか?」と感じたんです。

もしマイナスになるなら、高いお金を払って、時間を使って肌を汚くしているってことですよね。

 

1週間やめた結果と、いろいろ考えてみて、「スキンケアをする意味ってないのかも?」と感じるようになったんです。 

スキンケアって、意味あるの?

スキンケアって、意味あるの?

肌がきれいな妻も「スキンケアよりも、食事と睡眠が大切」と

私の妻は、肌が超きれいです。

お世辞抜きで、ひいき目抜きできれいです。

きれいで、ハリがあるんです。

 

美容室に行けば、必ず「肌きれいですね。何やっているんですか?」と聞かれるくらいです。

 

では、何をしているかというと、大したことをしていないんです。

 

顔を洗うのは、石鹸。

スキンケアは、たまに「高保湿スキンバーム」を塗るか、オールインワンゲルを塗るくらいです。

 

そして、化粧(メイク)もたま~にしかしません。

肌に刺激を与えるようなことは、できるだけしないようにしています。

 

そんな肌のきれいな妻に、「スキンケアで何が一番大事?」と聞いてみたんですね。

聞いた結果、

  • 食事の質
  • 睡眠

とかえってきました。

スキンケア化粧品よりも、食事と睡眠の改善が大切

スキンケア化粧品よりも、食事と睡眠の改善が大切

食事を変えたら、肌がきれいになった

実は昔、妻は肌がボロボロだったそうです。(私と出会う前なので、実際に見たわけじゃないんです)

 

まぶたの周りは、乾燥でボロボロ。

ほっぺやあごは、赤みやひっかき傷の跡のような物があって、化粧水をつけるとしみて痛かったそうです。

 

さらに、常にかゆみがあったんだとか。

皮膚科に行ったら、「アトピー性皮膚炎」と診断されたようです。

 

このときの妻は、菓子パンやお菓子、ファーストフードばかり食べていたそうです。

 

その後、妻は、「健康に悪い」ということから食生活を改善したんですね。

砂糖や小麦、添加物など、体に悪い食べ物を徹底的にやめたんです。

(もちろん、今でもやめています)

 

「食生活を徹底的に改善した結果、何年もかかったけど、肌がすごくきれいになった」と言っていました。

 

食生活を改善して肌がきれいになったからこそ、「スキンケアで一番大切なのは食事の質」と答えたんですね。

 

ちなみに、私も、食事の質を改善してからは、ニキビができにくくなりました^^

 

※うまく買えば、質を上げてもお金の負担はそんなに大きくならないんですよ

質の高い&無添加・無農薬の食べ物を手に入れている3つの方法

食事の質を改善したら、肌がきれいに

食事の質を改善したら、肌がきれいに

スキンケアにお金を使うくらいなら、食事の質を上げたほうがいい

スキンケアを続けるのって、お金がかかります。

スキンケアをやめれば、その分、お金が節約になりますよね。

 

きれいな肌になるのに大切な事って、体の中です。

スキンケア化粧品は、補助的な物でしかないんですよね。

 

スキンケアで節約した分、食事の質を上げたほうが、肌にも健康にもいいです。

スキンケア化粧品にお金を使うくらいなら、食事に使ったほうが建設的ですね。 

 

スキンケア化粧品にお金を使うよりも、食事の質にお金を使ったほうが建設的

スキンケア化粧品にお金を使うよりも、食事の質にお金を使ったほうが建設的

まとめ

約20年続けてきたスキンケアを1週間やめてみた結果は、変化なしでした。

肌トラブルも一切起きませんでした。

 

良い結果を得られたので、今後も「スキンケアをしない」を続けてみたいと思います。

ときどき、スキンケアをやめた経過を紹介しますね^^