皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

新聞をやめると、消費税増税による家計の負担を相殺できる

消費税が10%に増税されましたね。

収入が増えない近年は、2%の増税は一般家庭には大きな負担ですね。

 

そんな増税でも、家計の負担を減らすかんたんな方法があります。

 

家計の負担を減らす方法は、「新聞などをやめる」ことです。

新聞などを解約してやめれば、増税分をカバーできるんです。

 

どういうことなのか詳しくお話ししますね。

消費税増税の負担は、新聞やNHKをやめれば相殺できる

ついに消費税が10%になっちゃいましたね。

 

1,000円の物を買ったら、100円。

1万円の物を買ったら、1,000円

10万円の物を買ったら、1万円も税金がとられちゃいます。

 

消費税が増税されたからといって、社会保障が充実するわけじゃないので嫌になっちゃいますね。

(実は、消費税を増税する理由は、財政再建のためでも、社会福祉の財源確保ためでもないですよ。)

 

そんな消費税増税による金銭的な負担は、「新聞」や「NHK」を解約してやめればカバーできる(相殺できる)んです。

 

NHKをやめるには、テレビなどを処分しなくちゃいけません。

ですが、テレビを持っていても、百害あって一利なしなので、消費税増税をきっかけに処分して、NHKを解約しちゃうといいですよ^^

 

※テレビを持っていると、考える力が衰えちゃいます

テレビなし生活を8年続けた感想と11メリット。デメリットはなし

 

消費税増税に負けないために、新聞などを解約してやめちゃいましょう!

新聞をやめれば、消費税増税の負担をカバーできます

新聞をやめれば、消費税増税の負担をカバーできます

本当に消費税増税分をカバーできるか、実際に試算してみました

実際に、消費税増税でどのくらい負担が増えるか、新聞をやめれば負担を相殺できるか、試算してみますね。

 

2018年の全体の平均年収は441万円(男性545万円、女性293万円)でした。

なので、男性と女性の平均年収を足して、世帯年収を840万円(手取り年収552万円)と仮定します。

 

1ヵ月当たりの手取りは、(552÷12=)46万円となります。

(本当は、ボーナスなどがありますが、計算をかんたんにするために、単純に12ヶ月で割りました)

 

46万円/月の内訳は、以下のようにします。

家賃:13万円

食費:6万円

☆外食:2万円

☆水道光熱費:3万円

☆通信費:2万円

子供の学費:5万円

☆子供の習い事:2万円

保険料:2万円

☆自動車関係:3万円

☆新聞:4000円

NHK:1310円

☆その他(小遣い等):3.4万円

貯金:4万円

(夫婦、子供の4人家族)

このうち、☆マークは、消費税の課税対象となります。

 

課税対象を全部合計すると、15.8万円/月です。

 

消費税は、2%増税されるので、

158,000 × 0.02 =  3,160円

となり、負担増は3,160円/月となるんです。

 

ざっくりした計算なので誤差はありますが、フィナンシャルプランナーさんなどが試算しても、負担は4,000円/月くらいになるそうです。

 

新聞の月額料金は、約4,000円です。

3,000円~4,000円の負担増なら、新聞をやめれば、消費税増税による負担分をカバーできちゃいますよね。

 

NHKもやめてしまえば、消費税が増税されても、家計の負担は軽くなっちゃうんです。

 

もちろん、車など高価な物を買えば、試算には出てこないくらい負担は大きくなります。

ですが、日常生活分の負担は、新聞などをやめてしまえば相殺できるんですよ^^

本当に、消費税増税分をカバーできるか、試算してみました

本当に、消費税増税分をカバーできるか、試算してみました

新聞やテレビ、ネットの大手ニュースサイトは、本当に大事なニュースは教えてくれない

長年、新聞をとっていて習慣になっていると、なかなかやめにくいってありますよね。

 

でも、落ち着いて考えてみてください。

新聞って、本当に必要ですか?

 

新聞に書かれているニュースは、テレビやネットの大手ニュースサイトと同じです。

 

 詳しく理由を説明するのは避けますが、新聞もテレビも、ネットの大手ニュースサイトも、ニュースの内容はすべて横並びです。

かんたんにいえば、同じ内容しか発表しないんです。

 

というか、本当に大事なニュースや情報は、新聞やテレビ、ネットの大手ニュースサイトでは、絶対に教えてくれないんですよね。

 

例えば、「5Gになれば高速通信が可能になって便利になる!」ばかりで、体への悪影響を報じている新聞やテレビはないですよね。

 

※5Gの危険性は、世界中の研究者が警告を出しています

5Gの電磁波を避けるための、田舎への移住のすすめ2。

 

大事な情報を教えてくれない新聞(やテレビ)なんて、必要ないと思いませんか?

新聞やテレビがなくても、世の情報は仕入れることができますよ。

新聞やテレビは、本当に重要な情報を教えてくれない

新聞やテレビは、本当に重要な情報を教えてくれない

大きなゴシップニュースの裏では、重大なことが起こっています

ちなみにですが、ときどき「芸能人の〇〇さんの結婚」「アイドルの△△さんの熱愛」などのゴシップニュースがでてきますよね。

 

そんなときは、裏で重大なことが起こっていたり、決まっていたりしています。

新聞やテレビでは放送されないような重大なことが、裏では起こっているんですよ。

ゴシップニュースの裏では、重要なことが起こっています

ゴシップニュースの裏では、重要なことが起こっています

まとめ

新聞をやめれば、消費税の増税での負担分を相殺できます。

NHKも解約しちゃえば、消費税が増税されても、負担が軽くなります。

 

私は、新聞もテレビもいらないメディアとしか思っていないので、「やめてしまえばいいのに」と考えます。

 

消費税増税をきっかけに、一度、新聞などをやめるのを考えてみてはいかがでしょうか。