皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

ミニマリストが「捨ててよかった」と感じた物5つ。ストレスが減って生活が快適に

いらないを処分していると、ときどき「あれ捨てたら、ちょっと不便になったなぁ」ということが起こります。

 

一方で、「これ捨てても不便は一切ないし、めっちゃ快適になった!」という物もあるんです。

そこで、ミニマリストの私が捨てて本当によかった物5つを紹介しますね。

 

今から紹介するものを捨てたら、ストレスも減って、生活がすっごい快適になりましたよ^^

処分するとちょっと不便を感じる物もありますが、捨ててよかった物もある

いらない物を捨てていくと、電子レンジやのように「なくても全く困らないけど、捨てたら不便になったなぁ」という物がでてきます。

 

電子レンジを買い替えるつもりはありませんし、無いならないなりに快適な生活になります。

ですが、あったらあったなりに便利な家電もあるんですよね。

 

一方で、持っていると生活の質が落ちたり、ストレスになったりする物もあります。

持っていたときは分かりませんでしたが、捨ててから「捨てたら本当に生活が快適になった」と気が付いたんです。

 

これから紹介する5つは、まさに「捨てたら生活が快適になったし、ストレスも減った」という物なんですよ^^

捨てたら、生活が快適になって、ストレスも減りました

捨てたら、生活が快適になって、ストレスも減りました

捨てて本当によかった物5選

それでは、心の底から捨ててよかった~と、ミニマリストの私が思っている物5つを紹介しますね。

テレビ

捨ててよかった物の1つ目は、“テレビ”です。

 

昔の私は、テレビっ子でした。

 

朝起きたら、まずテレビをつける。

帰宅したら、テレビをつける。

見ていなくてもテレビをつける。

 

こんな感じで、常にテレビが付いていました。

しかも、テレビを付けていると、ダラダラ見続けて、時間を無駄にしちゃっていました。

 

持っているときは気が付きませんでしたが、テレビなしの生活をしてみて、

「テレビの音って、雑音なんだ」

「無音の生活の方が、精神的に落ち着けて快適

「テレビがない方が、時間を有効活用できる

と分かったんです。

 

こちらの記事でお話しさせていただきましたが、テレビを捨てたら、たくさんのメリットがあったんです。

しかも、なくても不便はないですし、困ったことも一切ないんです。

 

テレビは、「心の底から捨ててよかった」と感じています。

 

※テレビを捨てた先には、快適な生活が待っていました

テレビなし生活を8年続けた感想と11メリット。デメリットはなし

テレビを捨てて本当によかったです^^

テレビを捨てて本当によかったです^^

ブルーレイレコーダー(録画機器)

捨ててよかったもの2つ目は、ブルーレイレコーダー(録画機器)です。

 

すぴお夫婦が持っていたブルーレイレコーダーは、録画機能が付いていました。

で、録画容量も大きかったので、見たい番組をどんどん録画していったんですね。

 

見たい番組が溜まっていくと、「見なくちゃ」という義務感がでてきて、ストレスになったんです。

 

別に見なくてもいいんですが、消すのも何となく嫌。

消さずに残していたので、見ていない番組がどんどん増えていって、「見なくちゃ」というストレスも増えていったんです。

 

テレビを捨てたときに、ブルーレイレコーダーも一緒に捨てたんです。

そうしたら、番組を撮ることができなくなりますよね。

 

すると、「見なくちゃ」がなくなって、ストレスも減ったんです。

 

テレビなんて見なくても全く困らないので、録画機器がなくても何にも困りません。

むしろ、ストレスがなくなって、快適になりました^^

ブルーレイレコーダー(録画機器)がなくなって、ストレスが減りました

ブルーレイレコーダー(録画機器)がなくなって、ストレスが減りました

光テレビ

捨ててよかったもの3つ目は、光テレビです。(正確に言えば、解約しました)

 

妻がディズニーが好きだったので、光テレビを契約していたときがありました。

(私は、ディズニーにまったく興味なしです)

 

テレビがあって、光テレビを契約していると、見ていなくてもつけっぱなしにしちゃうんですよね。

で、テレビ番組と同じで雑音になりますし、ダラダラ見て時間を無駄にしちゃいます。

 

テレビを捨てるときに、光テレビを解約。

解約したら、静かな空間を作ることができましたし、時間を無駄にすることも減りました

 

月々の契約金も節約できて、一石三鳥でした^^

 

もちろん、光テレビを解約して困ったことなんて、一つもないですよ♪

光テレビを解約したら、お金を節約できて、ムダな時間を過ごすことも減りました

光テレビを解約したら、お金を節約できて、ムダな時間を過ごすことも減りました

CD、DVD

捨ててよかったもの4つ目は、CDやDVDです。

 

部屋は静かな方が快適だと分かってから、音楽CDや映画などのDVDもすべて処分しました。

 

もともと音楽を聴くことはほぼないですし、映画を見ることもありません。

なので、CDやDVDを持っていても、ジャマなだけだったんです。

 

なくても生活に支障はないので、捨ててスッキリしました^^

 

ちなみに、すぴお家は、車の中でも音楽やラジオは付けていません☆

CDやDVDは持っていても使わないですし、無くても全く困っていません

CDやDVDは持っていても使わないですし、無くても全く困っていません

ぬいぐるみなどの置き物

捨ててよかったもの5つ目は、ぬいぐるみなどの置き物です。

 

ミニマリストになる前は、本棚の上とかに、ミッキーのぬいぐるみや愛犬&夫婦の写真などを飾っていました。

 

今はすべて捨ててしまったんですが、捨てたら、

  • ぬいぐるみなどを飾っていると、部屋がごちゃごちゃする(ない方がスッキリする)
  • 置物はない方が掃除がかんたん
  • 置物がなくても困らない

ということに気が付いたんです。

 

あってもただ置いてあるだけですし、頻繁に見ることもないですよね。

使わない&見ないのに置いてあるのって、ジャマなだけだと、置物を処分して分かりました。

ぬいぐるみなどの置き物は、ない方が部屋がスッキリします^^

ぬいぐるみなどの置き物は、ない方が部屋がスッキリします^^

まとめ

処分すると生活がちょっと不便になる物もありますが、テレビ関係の物や置物系は、捨てたら生活が快適になりました。

もちろん、困ることも1つもないです。

 

「心から捨ててよかった」と思っています。

 

テレビ好きな人、置物などを飾るのが好きな人にとっては、「本当に?」と思うかもしれませんが、捨ててみると快適さが分かっていただけると思いますよ^^

とっても、いきなり捨てるのは勇気が必要ですので、一時的にどこかに片付けて、隠してみてはいかがでしょうか。

 

静かな空間で生活したいという人にはおススメです^^