皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

片付けられない、始められない、続かない理由とは?行動に移せる2つの方法

「片付けや物を減らしたいけど、やる気がでなくて始められない

「片付けなど、めんどくさいことや大変なことは、つい後回しにしてしまう」

 

片付けられない、始められない、続かないってありますよね。

 

後回しにしてしまう、やる気がでない理由は、片付けが“必須事項”になってないからなんですよね。

逆に言えば、片付けが必須事項になれば、始められるようになるってこと。

 

そこで、私が考える『片付けが必須事項になる2つの方法』についてお伝えしますね。

片付けや物を減らす行動が始められないのは、「必須事項」になっていないから

片付けやいらない物を捨てるのって、めんどくさいですよね。

片付けにかぎらず、夏休みの宿題や掃除、ダイエットなど、めんどくさいことは後回しにしちゃいがちになりますよね。 

 

私も、しょっちゅう後回しにしちゃいます(笑)

 

めんどくさいことが始められない理由は、“必須事項”になってないからです。

 

「片付けやいらない物を捨てたほうがいい」と、頭では分かっているんですよね。

でも、分かっていても、やらなくても何とかなるので、行動に移せないんですよね。

 

片付けが、「やりたいこと」のひとつですが、「やらなきゃいけないこと」(必須事項)じゃないから、始められないというわけです。

始められないのは、「やらなくちゃいけいない」と必須事項になってないから

始められないのは、「やらなくちゃいけいない」と必須事項になってないから

やらないと本気で困ると分かったら、人は嫌でも始められる

仮に、

  • 部屋の片付けをしなかったら、会社をリストラされる
  • 部屋のいらない物を捨てなかったら、妻に離婚される

といわれたら、嫌でも片付けを始めますよね。

 

めんどくさいことでも、緊急性があれば人は行動に移せます。

 

結局、頭では「やりたい」と思っていても、心では「めんどくさい」「やらなくても困らない」から、行動できないんですよね。

 

片付けやいらない物を捨てたほうが幸せになれると分かっていても、緊急性がないないので、始められないし、続かないんです。

本気で困ると分かったら、めんどくさくても始められる

本気で困ると分かったら、めんどくさくても始められる

始めないと、変わらない

どんなことでも、始めなければ変わらないですよね。

 

「今の私は幸せじゃない」と思っていても、何もしなければ、始めなければ変わりません。

 

はじめの一歩を踏み出すのは、大変。

勇気も必要ですし、パワーも必要ですよね。

 

ズルズル引き延ばして、できない理由(いいわけ)を言っている方がかんたんです。

 

でも、行動しないと何も変わらないです。

変わらないならまだマシで、場合によっては状況が悪化することも。

 

なので、はじめの一歩は大変ですが、変わるためには、行動しなくちゃいけないんです。

 

こちらの記事でおはなしさせていただきましたが、最初は私も、適当な理由を付けて片付けから逃げていました。

ですが、妻の影響で片付けが“必須事項”になって、行動に移せるようになったんです^^

 

※妻の影響からミニマリストになりました

男性の私(すぴお)がミニマリストになったきっかけは“妻”の行動

はじめの一歩を踏み出せば、人は変わることができる

はじめの一歩を踏み出せば、人は変わることができる

片付けが必須事項になる2つの方法

片付けや物を減らすのが始められない、続けられない理由は、「やらなくちゃいけない」(必須事項)になってないからです。

 

では、どうしたら片付けが必須事項なるかというと、次の2つを試してみてください。

必須事項を書き出し、口で言ってみる

片付けや物を減らすのが必須事項になる方法のひとつ目は、「書き出して、口で言ってみる」です。

 

まず、やらなきゃいけないこと(必須事項)を紙に書き出してみます。

 

  • いらない服を捨てる
  • いらない靴を捨てる
  • いらない本を寄付する
  • クローゼットの中を片付ける
  • テーブルの上を何もない状態にする

といった感じです。

 

書き出したら、「やらなきゃいけない」と思いながら、口に出して言っています。

 

口に出して言うと、心の底から「やらなきゃいけない」って気持ちになって、やる気がでてきます。

やる気がでてきたら、行動に移してください。

書き出して、口に出してみよう

書き出して、口に出してみよう

「やらなかったらどうなるか?」の動画を見てみる

片付けや物を減らすのが必須事項になる方法のふたつ目は、「やらなかったらどうなるか?の動画を見る」です。

 

例えば、やらなきゃいけないことが、ダイエットとします。

そうしたら、ダイエットをしなかった場合に、どんな体になってしまうか、どんな病気になってしまうかという動画を見るというわけです。

 

「やらなかったらどうなるか?」という動画を見ると、「行動に移さないと大変なことになる」と焦りが出てくるんですよね。

焦りがでてこれば、「やらなきゃいけない」と緊急性がでてくるので、行動に移せるようになります。

 

片付けや物を減らすことが始められないなら、汚部屋の住人がどんな生活をしているか見てみるといいかもですね。

 

今の時代、YouTubeにいろいろな動画あるので、行動に移せない人は、「やらなかったらどうなるか?」の動画を見てみるといいですよ^^

「やらなかったらどうなるか?」という動画を見てみよう

「やらなかったらどうなるか?」という動画を見てみよう

心の奥底まで「やらなくちゃいけいない」が浸透したら行動を

必須事項にして行動するときに一つポイントがあるとすれば、「やらなくちゃいけないが心の奥底まで浸透してから、行動を開始する」です。

 

「やろうかなぁ」と中途半端な状態で始めても、(仮に行動に移せても)続けられないんですよね。

 

私も経験があるんですが、「やってみよう!」と気合を入れて始めたのに、3日でやめてしまうパターン。

続けられないから、成果もでないですし、「失敗した」という嫌な経験が心の中に残っちゃいます。

 

なので、続けられるように、心の奥底まで「やらなきゃいけない(必須事項)」が浸透してから始めたほうがいいです。

 

片付けやいらない物を捨てるのを、一気にやりきるか、コツコツ毎日づけるかは、個人の自由ですが、最後までやりきることが大切ですからね^^

「やらなくちゃいけいない」が心に浸透したら行動を

「やらなくちゃいけいない」が心に浸透したら行動を

まとめ

片付けやいらない物を捨てることなど、めんどくさいことを始められないのは、“必須事項”になっていないからです。

 

「片付けしたほうがいい 」と頭で分かっていても、「やりたい」くらいにしか思ってないから行動できないんですよね。

 

「やりたいけれど、なかなか行動に移せない」

 「一歩前に踏み出すのがめんどくさくて、踏み出せない」

という方は、ぜひ、必須事項になる2つの方法を試してみてくださいね^^