皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

忙しい朝に!オーブントースターで卵焼きの作り方。目玉焼きも作れます

忙しい朝は、効率よく家事をしたいですよね。 

特に、主婦の方は、バタバタと食事を作ったり、洗濯をしたりしていることと思います。

 

そんな忙しい朝を過ごしている方に、ひとつお得な情報を。

耐熱皿があれば、オーブントースター卵焼きが作れるんです。(目玉焼きも作れます)

 

一緒にパンなどを焼けば、効率よく朝ごはんが作れちゃいますよ。

 

そこで、『オーブントースターで卵焼きを作る方法』を紹介しますね。

忙しい朝にピッタリの方法ですよ。

忙しい主婦の味方!耐熱皿があれば、オーブントースターで卵焼きができる

主婦にとって、朝は忙しい時間ですよね。

旦那様を仕事に、子供を学校に送って、ご飯やお弁当を作って、洗濯をして。

 

「自分が2人いたら、どんなに楽だろう」

と思うこともありますよね。

 

そんな忙しい主婦の方に朗報です。

耐熱皿があれば、オーブントースターで卵焼きを焼くことができるんです。

(実は、目玉焼きもオーブントースターで焼けます)

 

オーブントースターなら、焼いている間は放置でいいので、別の家事ができるというメリットがあるんですよ。

私は、ダイソーの耐熱皿を使って卵焼きを作っています

私は、耐熱皿は、ダイソーで150円の物を買ってきて使っています。

 

他の耐熱皿を使ったことがないので使い勝手とかは分かりませんが、ダイソー品でも十分に使えていますよ(*^_^*)

私が使っているダイソーの耐熱皿(150円)

私が使っているダイソーの耐熱皿(150円)

耐熱皿もあるなんて、ダイソーはすごいですね。

オーブントースターとダイソーの耐熱皿で、卵焼きを作る方法

実際に、私がオーブントースターで卵焼きを焼いている方法を紹介しますね。

 

1.耐熱皿に油を入れます。

私は、もっぱらゴマ油を入れて、卵焼きを作っています(*^_^*)

耐熱皿に油を入れます

耐熱皿に油を入れます

 

2.耐熱皿の全体に、油を綺麗にぬります。

油を耐熱皿の全体にきれいに塗ります

油を耐熱皿の全体にきれいに塗ります

ティッシュなどを使って、耐熱皿の全体に、油を綺麗に塗ってください。

油をしっかり塗っておけば、食べ終わって耐熱皿を洗う時に、焦げついた卵が落としやすくなります。

 

油を塗っておかないと、洗うときになって、お皿についた卵を落とすのにかなり苦労することになります(;^ω^)

 

3.耐熱皿に卵とお好きな調味料を入れます。

油を綺麗に塗ったら、卵と好きな調味料を入れます。

 

私は、メープルシロップを入れることが多いです(*´▽`*)

卵と調味料を入れます

卵と調味料を入れます

 

4.しっかり混ぜます。

卵と調味料を入れたら、しっかり混ぜます。

卵と調味料を入れたら、しっかり混ぜます

卵と調味料を入れたら、しっかり混ぜます

 

5.耐熱皿ごとオーブントースターに入れて、焼きます。

焼く時間などは、卵の焼け具合を見て調節していってください。

 

ちなみに私は、210℃で10分くらい焼いています(*^_^*)

(最近のオーブントースターは、温度調節できるんですよ。すごいですよね)

 

こんな感じで焼きあがります。

オーブントースター(と耐熱皿)で焼いた卵焼き

オーブントースター(と耐熱皿)で焼いた卵焼き

 

最初のうちは、何分くらいで焼けるか覚える必要があります。

ですが、覚えちゃえばセットして放置でできるので、とっても楽ですよ(*´▽`*)

 

私(すぴお)は、ちょっといいオーブントースターを使っています。

ですが、普通のお買い得なオーブントースターも、“焼く”という機能は変わらないので卵焼きを作ることができますよ。

パンや魚も一緒に焼くと、効率的&節約にも

オーブントースターで卵焼きを焼くときに、さらに効率的に、節約しながら焼く方法があります。

それは、パンや魚も一緒に焼いちゃうです。

 

私は、卵と一緒に、パンや魚、(温めるだけの)唐揚げや春巻きなども焼いちゃいます。

冷凍したご飯を一緒に温めることもあります。

 

卵焼きと一緒に目玉焼きを作っちゃうのもいいかもですね。

 

オーブントースターは、「焼く」家電なので、焼くものは、基本的に調理できます。

卵焼きを作りながら、一緒にほかの物も焼いちゃえば、電気代の節約にもなりますし、効率よくご飯を作ることもできますよ(*^_^*)

焼いている間に、他の家事ができます

オーブントースターは、温度(W数)を決めて、タイマーをセットしておけば、勝手に焼いてくれます。

焼いてくれている間は、放置しておいても大丈夫なのが便利ですね。

 

私は、焼いている間に洗濯を干したり、洗い物をしたりして、別の家事をしています(*^_^*)

 

しかも、別の家事をしているときに、オーブントースターのセットしておいた時間が来ても、ちょっとくらいならそのまま放置でも温かいままです。

なので、別の家事を続けられるのも、便利なポイントです(*´▽`*) 

実は、目玉焼きもオーブントースターで焼けちゃいます

オーブントースターなら、目玉焼きも作れちゃいます。

 

目玉焼きを作るときは、耐熱皿は不要。

アルミホイルがあればOKです。

 

というわけで、オーブントースターで目玉焼きを作る方法も紹介ますね。

 

1.アルミホイルで、お皿っぽい物を作ります。

アルミホイルでお皿っぽい物を作ります

アルミホイルでお皿っぽい物を作ります

 

2.卵を入れて、調味料を振りかけます。

お皿っぽい物が作れたら、卵を入れて、調味料を振りかけます。

 

私は、塩コショウ派なので、このタイミングで味付けします(*^_^*)

 

油をひいてもいいのですが、ひかなくても大丈夫です。

焦げ付いてもアルミホイルなら捨てるだけなので、私は油をひきません。

お皿っぽい物ができたら、卵を入れて、調味料を振りかけます

お皿っぽい物ができたら、卵を入れて、調味料を振りかけます

 

3.オーブントースターで焼きます。

焼く時間は、様子を見ながら、調節してくださいね。

 

ちなみに私の場合は、210℃で7分くらい焼きます。 

オーブントースターで焼いた目玉焼き

オーブントースターで焼いた目玉焼き

 

アルミホイルなら、食べ終わった後に洗う必要がないので楽ちんです(*´▽`*)

 

オーブントースターって、なんでも焼けて便利ですよね。 

まとめ 

忙しい朝に、「効率よくご飯を作りたい!」 という方は、私のようにオーブントースターを活用してみてはいかがでしょうか。

作っている間にほかの家事ができますし、意外と何でも焼けますよ。

 

オーブントースターは、忙しい現代人の強い味方です♪