皇すぴお夫婦ブログ

夫婦2人でブログを運営。都会から少し離れた自然豊かなところで、夫婦2人が二人暮らしのシンプル&ミニマルライフ。持ち物を減らし続けて、自称ミニマリストに生まれ変わりました

道の駅や地元野菜直売所は、農作物が安いて大きい。節約にピッタリ

野菜や果物を買うところといえば、一般的には、スーパーですよね。

イオンやイトーヨーカドー、ヨシズヤなど、大きいスーパーならなんでもそろいます。

昔は、私もイオンなどのスーパーで、野菜や果物を買っていました。

 

けれど最近は、スーパーで野菜や果物を買いません。

安くて、大きくて、新鮮な野菜や果物が買えるお店を見つけたんです。

どのお店なのか、どのくらい安いのかお伝えしますね。

 

このお店は、全国にあるので、あなたもきっと買うことができるはず。

 

家の近くにある「道の駅」や「地元野菜直売所」で買った野菜や果物を紹介

まずは、以下の写真をご覧ください。

「道の駅」や「地元の野菜直売所」は、お得に野菜や果物が買えます

「道の駅」や「地元の野菜直売所」は、お得に野菜や果物が買えます

これだけ買って、お値段は「1940円」(税込み)。

安いですよね。

私も、初めてこのサイズの野菜や果物を、 この値段で買えると知ったときは、

安い!

しかも、大きい!!

と驚きました。

(というか、今でも毎回安くて驚きます)

 

詳細なお値段はというと、

・大根は、200円

・えのきは、130円

・ケールは、100円

・乾燥シイタケは、280円

・ブロッコリーは、170円

・玉ねぎは、160円×2個

・にんじんは、120円

・きゃべつは、140円

・はるかは、480円

です。

 

一番高いものは、「はるか」の480円で、 はるかを抜くと、総額は1460円となります。

野菜だけだと、1460円。

安いですよね~。

 

では、どこで野菜や果物を買ったのかというと、タイトルから分かる通り『道の駅』や『地元の野菜直売所』です。

道の駅には、地元の農作物(野菜や果物、花など)や特産品を売っているところが多いので、安くお得に買うことができます。

うちは、妻と2人暮らしなので、「この野菜めっちゃ安いね。しかも大きい!こんなに大きいと、食べきる前に腐っちゃうね(笑)」などと、言いあっています^^

 

引っ越してきて知った、「道の駅」などの野菜は安くて大きい

今住んでいるところに引っ越してきたときに、近くに道の駅があったので、ふらっと立ち寄ってみました。

立ち寄ったときに、道の駅で野菜や果物を安く売っていることを知ったんです。

しかも、大きさは、ビックサイズ。

「道の駅、すげー」と思わず心の中で叫んだことを今でも覚えいます。

 

道の駅は、24時間利用可能なトイレや駐車スペースだけでなく、それぞれ工夫がされていて特徴があります。

道の駅めぐりをすると、ちょっとしたお出かけや観光にもなって面白いですよ。

道の駅などで売っている野菜は安い

道の駅などで売っている野菜は安い

 

地元の農作物を買うのは、節約につながる

スーパーなら農作物だけでなく、加工品もまとめて買うことができて便利ですよね。

でも、「道の駅」や「地元の野菜直売所」で売っている地元の農作物は、大きくて、しかも安く買うことができます。

 

私は、少しでも節約するために、野菜や果物などの農作物は「道の駅」や「地元の野菜直売所」で買って、サランラップや加工品などは「スーパー」で買うようにしています。

道の駅などで農作物を買うようになってから、野菜を買う回数が減って、節約できるようになってきました。

道の駅には、感謝してもしきれません^^

道の駅などで、地元の野菜を買って節約

道の駅などで、地元の野菜を買って節約

 

まとめ

道の駅や地元の野菜直売所は、農作物をお得に買える素敵で素晴らしい場所です。 

これからも、私は、間違いなくお世話になり続けます。

道の駅さん&野菜直売所さん、今後もよろしくお願いします!